神戸市、Crewwと共同でオープンイノベーションに特化したアクセラレーション・プログラム「KOBE OPEN ACCELERATOR」を始動

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.1.24

Image credit: vichie81 / 123RF

神戸市は24日、スタートアップコミュニティを運営するスタートアップである Creww と共同で、神戸市および関西地域に拠点を置く企業とのオープンイノベーションに特化した、アクセラレーション・プログラム「KOBE OPEN ACCELERATOR」を開始することを明らかにした。このプログラムへのエントリ受付は既に開始されており、締切は2月17日。5月下旬を目途に、選考されたスタートアップと具体的な取組内容が発表される見込みだ。

このプログラムに参加する大企業は、神戸の FM ラジオ局 KissFM KOBE の親会社で各種メディア事業を営む SRC、関西電力を母体とする通信会社ケイ・オプティコムコープこうべ、金属加工大手の中西金属工業、各種小売事業などを営む都ホールディングス、大阪に本店を置く りそな銀行 の6社。エントリーのテーマについては特に定められていないが、反社会的内容や法律に違反する企画、サービスの売り込みなどは受け入れ対象から除外される。

神戸市では、これまでに2015年以降、スタートアップ・コンペティション「KOBE Global Startup Gateway」の開催、日本内外から将来性豊かなスタートアップを神戸に集める「KOBE STARTUP OFFICE」事業、アメリカ 500 Startups と共同でグローバル志向を持った起業家を養成する「500 Kobe Pre-Accelerator」などを運用している。目的やターゲットレイヤー毎にプログラムが用意されており、今回の「KOBE OPEN ACCELERATOR」で新たにオープンイノベーションのカテゴリが追加される形だ。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------