ARを使って探し物を宝探しのように楽しく見つけられる「Pixie」

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.1.8

Pixie

<ピックアップ>  Pixie uses AR to find your lost stuff

探し物を見つけるためのデバイス「Tile」や「Chipolo」などに、ARを取り入れることで探し物を見つけるプロセスにゲームフィケーションを取り入れたのが「Pixie」だ。

Pixieは、専用スマートフォンアプリと、「Pixie Points」と呼ばれる小さなトラッカーを連携させることで機能する。複数枚セットを購入できるトラッカーは、財布や小銭入れなど頻繁になくしてしまうものに取り付ける。

財布が見当たらないと思ったら、Pixieアプリを立ち上げる。目の前の環境がパノラマスキャンされ、財布の在り処を見つけてくれる。すると、アプリは矢印を使ってアイテムの方向と距離を教えてくれる。外では最長150フィートまで、家の中では30〜50フィートの範囲で正確だという。

探し物に近づくと、Pixie Dustという水色のちりのようなものがアプリ上に表示され、アイテムを特定できる。

トラッカー4つのセットは99.99ドル、2つは49.99ドルで購入できる。

via. The Next Web

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------