Amazon Alexaのスキルが1万を突破ーー人気トップ10のスキルとは?

by Khari Johnson Khari Johnson on 2017.2.25

上: Amazon Alexa
Image Credit: Ken Yeung/VentureBeat

Amazonは、Amazon Echoのようなデバイス上で利用可能なAlexaのスキルが1万を超えたことを発表した。昨年の1月にはおよそ130だったスキルが、昨年11月には5000を超えた。

チキンウィングを注文する、テキストメッセージを送信する、自動車を制御する、自尊心を高める… さまざまな目的のスキルがこれまでにつくられてきた。これらはすべて、Alexa Skills Marketplaceから利用、共有することが可能だ。

Amazonが外部の開発者が独自のスキルを作れるようにAlexaを開放したのは2015年6月のことだ。Alexa Skills Kitを使っている開発者の具体的な数については、数万人ということ以外に同社は言及を避けている。

人気の高いカテゴリーは(以下の順で)、ニュース、ゲーム、教育・辞典、生活、トリビア・ユーモア、であるとAlexaのチーフエバンジェリストのDave Isbitski氏はブログで述べている。

現在、Alexa Skills Marketplaceでユーザーからもっとも使用されているトップ10のスキルは以下の通りだ。

  • This Day in History日々の歴史学習コンテンツ。history.com のウェブサイトから集められた知識を元に作られている。
  • Short Bedtime Story:子供に対して1分程度、就寝時の読み聞かせをする。
  • Ambient:雷、海、雨の音のスキルを環境音楽として流す。ウェブデベロッパーのNick Schwab氏が開発。
  • Jeopardy! J6 :テレビ番組から着想を得てつくられた日々のクイズ。
  • Ditty:ユーザーが発した言葉をもとに曲をつくる。選択したテーマを元に、テンポの速い、または遅い曲を作ることができる。
  • Twenty Questions:ある一つの音楽、植物、物をユーザーに想像させ、スキルが20以下の質問を聞いて、それを当てるゲーム。
  • Curiosity:腐食の仕組みについてなど、世界における知的な情報を伝える。
  • Inspire Me :人間によって読まれる、日々の語録。

まだスキル数が100に達していないGoogle Assistantのようなライバルに比べると、外部開発者が作ったサービス数では圧倒的な数を誇るAlexaであるが、スキルごとにムラは大きい。モバイルアプリストアの黎明期のような感じである。

2017 Voice Reportによれば、AlexaのスキルとGoogle Assistantのたった3パーセントが、最初の1週間を経てもリピートして使われているということだ。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------