美容師の空き時間をマッチングする美容室予約「requpo」がコロプラなどから約8000万円の資金調達

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2017.2.15

IMGP2811
写真左から:リクポの篠崎航輝氏、代表取締役の木崎智之氏、曽根将弘氏

美容師の空き時間に利用客をマッチングする「requpo」を提供するリクポは2月15日、コロプラ、ベクトル、大和企業投資の3社などを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。調達した資金は約8000万円で、払込日や株式比率などの詳細は非公開。

リクポの創業は2015年12月。翌年の2月にベータ版をリリースし、3月にはTLMの木暮圭佑氏他、エンジェル投資家数名から1400万円のシード資金を獲得している。

彼らのアイデアが際立っているのが通常考えられる美容室検索のフローを「逆」から考えた点だ。細かいフローは前回の取材記事を参照いただきたい。同社代表取締役の木崎智之氏はこう説明する。

「通常、このような美容室検索サービスでは店舗を検索して該当する店舗情報に辿り着き、美容師を選んでカレンダーから日程を選択するという流れになります。しかしユーザーファーストで考えるとこれは逆になるんです。自分の空いている時間を選んで、トリートメントやカットといったメニューを選べばそれに対応してくれる美容師さんから提案を受けられる」(木崎氏)。

ユーザーはどういうスタイルにしたいというリクエスはもちろんのこと、自分が行ける範囲のエリア指定や、これぐらいの料金であればという価格設定、さらにはオプションでつけて欲しい「おねだり」も送信することができるようになっている。

そしてこのユーザーのわがままな要求を実現してくれるのが「美容師の空き時間」をシェアする、というアイデアになる。

木崎氏の説明では、美容師は個人の売り上げが給与に反映されるケースがあるそうで、そういった美容師の空き時間、特に平日の昼間などをピンポイントに埋めていくというニーズは明確に存在しているのだという。

そう、街を歩いているとたまに見かけるビラ配りしている美容師さん、アレがそうだ。木崎氏は以前、美容室向けのウェブマーケティングに携わることでこの課題に気がついたという。

ユーザーからリクエストを受け取った美容師はそれに対して答えられるかどうか提案を考えて requpo 経由でメッセージを送る。複数の美容師がヒットすれば、ユーザーはどの提案が一番よいか考えて来店する店を選ぶことができる。なお、その美容師がどういうプロフィールで、どういうスタイルが得意かという情報はやはりアプリ上で確認することが可能になっている。

top_img_03

来店が成約すればアプリで来店確認ボタンを押せば完了だ。

requpo はこれにより1来店あたり980円の手数料を貰うモデルになっている。これは登録している美容師単位で支払う場合もあるし、店舗毎というケースも考えられるということだった。なお、来店しても通知しないという「手数料逃れ」をした場合、それ以降このサービスが利用できないような設計になっていた。

また木崎氏らはこのモデルについてビジネスモデル特許を出願しており、昨年11月の取得に成功している。

利用ユーザーと美容師共にスマホだけで完結する手軽さ、美容師特有の商習慣をうまく捉えたシェアリングの考え方、そして何よりユーザー視点で予約フローを「逆転」させたアイデアは久々に納得感のあるものだった。

一方で、美容師とユーザーのバランスが難しいと予想される。

現在、テストフェーズで約75名、45店舗の美容師が登録してサービスを運用しているという。木崎氏の話では1回のリクエストあたり4名の美容師から提案がやってくるということだったが、このバランスが悪くなれば提案しても来店してくれない、もしくはリクエストしても提案がこないということになってしまう。現状でのマッチング率は30%程度ということだった。

美容師からの登録リクエストは多く、どちらかというとユーザーの方を探すことが次のステップと説明していたので、今回の調達もその辺りに投入されることになるのだろう。

こちらの動画は先日、THE BRIDGE で毎週月曜日に開催している Lab.プログラムに同社が出演、サービスピッチを披露してくれた際のものだ。併せてご覧いただきたい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------