「GoPro」が新たに全社員の17%にあたる270人を解雇、リコールされたドローンが再度販売を開始

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.3.17

<ピックアップ> GoPro is cutting another 270 jobs, almost a fifth of its workforce

GoProが、270人を解雇することを発表した。この数は、昨年末時点の社員数の17%にあたる。2016年11月に200人の解雇を発表して間もない。

今回の解雇にかかるコストは最大1,000万ドルに及ぶというが、これで運用コストが2億ドル浮く。同社の第一四半期の売り上げは、2.1億ドルほどになる見込み。今回のニュースを受けて、時間外取引で株価は約9%上昇している。

GoProは、主にアウトドアなどアクション向けのカメラを販売しているが、最近になってドローンの分野にも進出した。折りたたみ式のドローン「Karma」は注目されたが、恥ずかしいリコールを経て、現在は販売を再開している。

CEOであるNick Woodman氏は、投資家との電話で「2017年は、ハードとソフト両方の新製品を期待してほしい」と話したという。

via. Recode

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------