楽天も出資するShopChat、ショッピング機能が入ったモバイルキーボードアプリをローンチ

by Paul Sawers Paul Sawers on 2017.3.20

上: ShopChat
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

オンラインショッピングモールにモバイルキーボードアプリがあったらどう思うだろうか? 「メッセージコマース」のスタートアップShopChatは先週、資金調達ラウンドの発表とともに、ステルスバージョンを終えて正式にローンチしたことを発表した。

2016年に創業し、サンフランシスコに拠点を置くShopChatは二つの製品を主に扱っている。一つが既にダウンロード可能なiOSアプリ(Android版は後ほどローンチ予定)で、デフォルトのキーボードの代替として、iMessage、Facebookメッセンジャー、WhatsAppなどの主要メッセージングアプリ上で機能し、主な小売店の販売在庫とユーザーとを直接橋渡しする。検索と友人間での製品のシェアを簡単にするものだ。

二つ目の製品はホワイトラベルのもので、外部のアプリがShopChatのAPIを通じて自身のサービスに直接統合できるようにするものだ。

iOSアプリをインストールすると、ユーザーはメインのキーボードアプリとShopChatを数回のタップで切り替えることができる。ShopChat上でユーザーに物を買わせるというよりも、各ブランドのウェブサイトにつなげて、そこで直接購買できるようにする。

ローンチ時においては、Guess、Foot Locker、Macy’sなど60のブランドが含まれている。ShopChatはアルゴリズムと「ソーシャルグラフ」のデータを用いて、どのブランドと製品を表示するかを決定する仕組みになっている。

ShopChatは昨年8月にひっそりとローンチしており、これまでに公開招待から約10万名のベータユーザーを獲得している。

上: Viber: Shopping

公式ローンチの発表に加えて、日本のeコマース大手の楽天とシリコンバレーや欧州の複数のエンジェル投資家から125万ドルを調達したことも今回明かした。楽天はメッセージング大手Viberも所有していることから、今回のラウンドに参加したことは注目に値する。実に数週間前、世界に約8億ユーザーがいるとしているViberは新しいアプリ内ショッピング機能を導入したことを発表した。今では、ShopChatのホワイトラベルサービスがその機能を支えているこが分かっている。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------