Spotifyと Google のナビアプリ Waze が連携、運転中も安全に音楽のコントロールが可能に

Paul Sawers by Paul Sawers on 2017.3.15

VB Insightは、VentureBeatが提供するマーケティングテクノロジーに特化した企業向け有償レポートです。日本語版は、サンフランシスコのクリエティブ・エージェンシーbtraxが提供しています。詳しくはこちらから。

上: WazeとSpotify
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

Spotify と Googleの一部であるナビゲーションアプリ Wazeがそれぞれの機能を互いの製品に組み込むために提携した

Wazeはイスラエルで2007年に創業し、ユーザーがリアルタイムの渋滞情報をシェアできる方法をベースに巨大なユーザーベースとコミュニティを築きあげ、その結果Googleに2013年に10億ドル以上で買収されることとなった。

GoogleとSpotifyは、月額制の音楽ストリーミングサービスを提供していることを考えるとある意味ライバル同士といえるが、Spotifyの方がマーケットを牽引しているのは明らかであり、Wazeとの統合は両者にとって理にかなっている選択だ。

Waze内で、Spotifyのユーザーはプレイリストにアクセスをし曲を変更することができる。これによって、アプリを切り替える手間が省けるわけだ。この二つのアプリを連携させると、Spotifyの小さなアイコンが表示され、タップすると曲をコントロールできる。この機能は現在のところAndroidアプリ上のみで利用可能だ。

上:Waze上のSpotify

だが、この統合機能は両想いだ。Spotifyのアプリ上でも運転モードのスクリーンにしていると、Wazeを立ち上げるオプションが目にはいる。

Spotifyの有料会員数は最近5000万名に到達した。トータルの会員数は、そこから見積もると2億近いと思われる。同社はここ数年、その他のテクノロジープラットフォームとの連携を追求してきた。ドライバーのステレオの音楽をコントロールできるようにするUberとの連携や、音楽の好みを通じてユーザー同士をくっつけるTinderとの連携などがある。

Wazeとの連携は、Spotifyへの新規登録を加速するような設計というよりも、既存のユーザーがより安全に、スマホをいじり回すことなく、運転中もサービスにアクセスできるようにするものといえるだろう。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

Paul Sawers

Paul Sawers

ロンドンを拠点に活動するテクノロジー・ジャーナリスト。2010〜2014年、The Next Web で書くべきすべてのことを書いていた。VentureBeat では、ヨーロッパに焦点を当てつつ、世界中のニュース、スタートアップ、テックを取材。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース