5年前にFacebookがInstagramを10億ドルで買収したことがもたらした「価値」とは?

by Yuki Sato Yuki Sato on 2017.4.11

Instagramのコーファウンダー、Kevin Systrom氏、via Flickr by “OFFICIAL LEWEB PHOTOS“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>Here’s why Facebook’s $1 billion Instagram acquisition was such a great deal

FacebookがInstagramを10億ドルで買収したのは、2012年4月9日、今から5年前のことだ。

IPO前のFacebookが(同社は2012年5月にIPO)、当時はまだ13名の社員が働く小さなチームであったInstagramを10億ドルで買収したことは、業界に大きな衝撃を与えた。高すぎる買収ではないかと懐疑的な声もあったが、その後Instagramはユーザー数を6億まで成長させ、広告収益もまた成長させている

FacebookによるInstagramの買収がもたらした価値について、Re/codeが紹介していた『Becoming Facebook』という著書を上梓したマーク・ホフリンガー氏のコメントが興味深かった。

ホフリンガー氏は、FacebookのInstagramの買収はシリコンバレーの起業家に対して「大きな成長を成し遂げたいのであれば、Facebookはシリコンバレーで最高の場所だ」というメッセージを与えたのだとコメントする。

Instagram買収のストーリーによって「ザッカーバーグは成長と影響力を成し遂げるというビジョンを、過剰な干渉なしに実現できることを証明した」とホフリンガー氏は続ける。それによって、大きなビジョンを実現したい起業家などの人材を惹きつけ、その後のWhatsAppやOculusの買収にもつながったのだと力説する。

Instagram買収の「真の価値」は、「世界で最高の人材が、ザッカーバーグ氏のチームに加わりたいと強く願うようになったこと」であるというホフリンガー氏の分析が正しければ、10億ドルの買収は決して高い買い物ではなかったのかもしれない。

via. Re/code

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------