インドネシアの水産プラットフォーム「Aruna」がシード資金を獲得

by e27 e27 on 2017.4.15

DailySocial の報道によると、インドネシアの漁業統合プラットフォームである Aruna は、ハードウェア・機械販売代理店の UMG Indonesia から非公開額のシード資金を調達したと発表した。

資金調達とは別に、UMG Indonesia はバンドンに拠点を置く Aruna に対し、小規模金融や物流、冷凍保管施設の支援も行う予定である。

獲得した資金は Aruna のチーム開設に加えて、パートナーの漁師向け B2B オンライン取引プラットフォームおよびアプリの開発に活用されるという。

同社は西ジャワ、アチェ、南スラウェシ、東ボルネオやその他地域の漁業組合と提携したことで、より多くの団体や協同組合へと拡大展開する計画も立てている。

水面下の問題

Aruna Indonesia のチームと、UMG Indonesia のメンバー
Image credit: Aruna Indonesia

Aruna はインドネシアの漁業や海運業が直面している諸問題を解決するために立ち上げられた。Worldfish Association と海洋水産省のデータから、インドネシアの水産物取引高が53億米ドルに達したことが明らかになった。世界最大の群島であるインドネシアには大きな可能性が秘められているのだ。

この業界の年間成長率は8.91%であり、インドネシアの全産業の中で最も高い。

しかし、インドネシアの多くの漁師の月給はたった110万インドネシアルピア(82米ドル)しかなく、インドネシアの漁師は過去10年間で半減した。

漁師は仲買人に騙されて実際の価値よりも安く売る羽目になることもよくある。

こういった問題を解決するため、Aruna は2つのソリューションを提供している。デジタル魚競りプラットフォームの eTPI と B2B 海産物マーケットプレイスの PasarLaut である。

eTPI には、在庫管理から POS に至るまで、魚競り市場で一般的に行われている業務プロセスを支援する機能があり、PasarLaut は eTPI から得られたデータを用いて価格設定を適正にする。

Aruna の収入源は10%の取引手数料で、各バイヤーは魚を100kg から購入できる。

共同設立者である Farid Naufal Aslam 氏は別のインタビューで、2016年の第4四半期までに3,500トン以上の魚を同プラットフォームで供給してもらえないかという問い合わせを受けたことを説明した。

Aslam 氏は次のように述べた。

しかし、私たち(とパートナー)の協力で供給できるのは1ヶ月あたり100トンまでです。できればもっと多くのパートナーと協力できるようにしてプラットフォームでの取引量を上げたいと考えています。

IWAK のようなインドネシアの他の水産関連スタートアップと同様に、Aruna は大学発のベンチャーだ。

共同設立者の Farid Naufal Aslam 氏、Indraka Fadhlillah 氏、Utari Octavianty 氏の3人はバンドンのテレコム大学で学んでいる時に出会った。

彼らは、漁師を支援するために e コマースプラットフォームを立ち上げるというアイデアを様々なスタートアップコンペに出した。何度かコンペに勝ち抜いてから、彼らは実際にビジネスを始めてチームを拡大することを決めた。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------