香港のFreightos、マーケットプレイスの拡大に向け2,500万米ドルを調達

by e27 e27 on 2017.4.17

Zvi_Schreiber_freightos
Freightos CEO Zvi Schreiber 氏

香港を拠点とするロジスティクス企業で、発送見積もりをワンストップのオンラインサービスで提供している Freightos は昨日(3月29日)、 GE Ventures がリードするシリーズ B 延長ラウンドで2,500万米ドルを調達したと発表した。

今回獲得した資金は、マーケットプレイスの拡大、国際貨物の発送オプションや配送ルート選択、販売自動化の値決めをする Freightos のソフトウェア開発に利用される。

2011年に設立された Freightos のグローバル本社は香港にあり、アジア事業での中核的なローンチ地点として機能している。しかし、本社を香港に移転するまで、Freightos の拠点はイスラエルのエルサレムにあった。

同社によると、Freightos のマーケットプレイスがローンチされたのは2016年7月で、今では1万の登録ユーザと何十社ものセラーを抱えているという。

Freightos は Expedia や Kayak といった旅行予約企業と度々比較される。

同社のシステムを利用しているロジスティクスプロバイダは1,000社にも及び、日本通運、CEVA Logistics、Hellmann Worldwide Logistics などの大手企業も含まれるという。

同社 CEO の Zvi Shreiber 氏は公式声明で次のようにコメントした。

デジタルロジスティクスの時代が到来しました。これを活用すれば、世界中の企業にとって輸出入がより簡単になります。かつては無視されたセクターだった物流業界は、デジタル化に向け、今は機が熟しています。

freightos_GE_ventures
Freightos マーケットプレイスのスクリーンショット

Freightos の製品と最近の動き

Freightos によってなされた興味深い決断の一つは、「Freightos International Freight Index(国際貨物インデックス)」という無料サービスの提供だ。この製品は業界に価格設定のインサイトを提供するものだが、通常は何千ドルもするサービスである。これを無料で提供するとはユニークな価値創出だといえる。

GE Ventures でマネージングディレクターを務める Jonathan Pulitzer 氏は今回の投資の動機の一つとして、「世界的なインダストリアルカンパニー」大手になるという GE の使命があったという。

Freightos のテクノロジーは、わずか5年で多くのロジスティクスプロバイダの効率運営に貢献し、また Freightos のマーケットプレイスは華々しい成長と顧客保持の実績を残しました。(Pulitzer 氏)

最近の動きの中でも最たるものは、航空貨物料金マネジメントに特化したスペイン・バルセロナの企業 WebCargoNet を買収したことだろう。

Freightos はこれまで、Aleph VC、Annox Capital、Gold Lion Holdings Limited、ICV、Master(香港)Toys、MSR Capital、OurCrowd、Sadara Ventures などの投資家から総額で5,000万米ドルの資金を調達している。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------