Indus OS、インドにおけるナンバーワンの座をAndroidから奪取すべく資金調達——さらに中国オフィス開設も

by e27 e27 on 2017.4.14

Indus_OS-

主にインド市場をターゲットにしているスマートフォン用オペレーティングシステム(OS)Indus OS が、シリーズ A2ラウンドで VenturEastJSW Ventures から資金調達を行った(調達額は非公開)。

今回のラウンドには既存投資家の Omidyar Network も参加している。

このラウンドで得た資金は、人材採用や商品開発、すべてのインド系言語をカバーする言語技術への投資に利用される予定。また、国際的なスマートフォンメーカーとの提携をさらに進めるために、中国にオフィスを近々開設する予定である。

Indus OS の共同設立者兼 CEO である Rakesh Deshmukh 氏はこう語る。

インドのスマートフォン業界に革命を起こす次期バージョン Indus OS 3.0の導入に向けて、国際スマートフォンブランドや中国スマートフォンブランドとすでに協議を行っている段階です。

2015年にローンチされた Indus OS は、特定の地域に限定されたシンプルで革新的な OS だ。Indus OSによると、ローンチから1年足らずで Apple の iOS や Microsoft の Windows など世界的に普及している OS を押しのけ、インドで第2位の座まで登りつめたという。現在 Micromax、Intex、Karbonn、Celkon、Swipe などのスマートフォンブランドと提携し、700万人のユーザベースを抱えている。

同社によると、Indus OS 3.0は大規模なマイルストーンアップグレードになるという。この1年間、インドのスマートフォンエコシステムにおける大手ハードウェア企業や開発企業と緊密に協力して、Indus OS 3.0プラットフォームの構築に取り組んでいる。Indus OS 3.0は次の四半期にリリースされる予定だ。(原文掲載日:3月29日)

JSW Ventures のマネージングパートナーである Gaurav Sachdeva 氏は次のように述べている。

地域言語による Indus OS のエコシステムによって、インドのスマートフォンユーザは、簡単にインターネットにアクセスしたり、サービスやコンテンツを見つけたりすることができるようになります。インド政府が主導する「デジタルインディア」構想や「メイク・イン・インディア」構想に連動した現在の市場環境において、非常に大きな成長の可能性を秘めた OS プラットフォームイノベーションを支えることができ、私たちは光栄に思います。

昨年 Indus OS 2.0は、インドの電気情報技術省(MeitY)と連携して開発した8言語対応の「Indus Reader」(テキスト読み上げ機能)を導入した。最近では、ダイヤラー統合型でデータ通信・通話利用状況の管理・分析ができ、ワンタッチでプリペイドのチャージができる機能「Recharge 2.0」をリリースしている。

また、最近 Qualcomm とインド BlackBerry でトップを務めた Sunil Lalvani 氏をアドバイザーとして引き入れている。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------