メルカリが鹿島アントラーズのオフィシャルスポンサーにーー「個人含めスポーツを幅広く支援したい」

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2017.4.7

mercari_antlees_001

フリマアプリのメルカリは4月7日、プロサッカーチームの鹿島アントラーズとオフィシャルスポンサー契約を締結し、4月8日のJ1リーグ開催から茨城県立カシマサッカースタジアムのホームゲームで各種展開を開始すると発表した。

今回の施策展開では鹿島サッカースタジアム駅からスタジアムまでの道が「メルカリロード」と命名され、初戦となるセレッソ大阪戦では限定的に全長16メートルの「メルカリウォール」を設置。壁にノベルティグッズを取り付けて無料配布し、全て取り外した際にメッセージが出現する仕組みを用意した。

mercari_antlees_002

また、試合後の19時30分頃からメルカリにて、鹿島アントラーズの選手によるサイン入りグッズの出品も実施されるほか、今後、ホームゲーム開催時に限り、選手グッズをライブ配信で出品する試みも実施される。なお同社に確認したところ、ライブ配信のプラットフォームについては未定で、既存のものを使うことになるのでは、という回答だった。

メルカリは今年1月にプロスポーツ支援活動を開始すると発表している。具体的な施策として車椅子バスケットボール選手の土子大輔選手と篠田匡世両選手を1月1日付けで社員雇用した。

メルカリ取締役の小泉文明氏に「野球スポンサーの考えは?」と聞いてみたところ、具体的な展開についてはノーコメントで、引き続き「スポーツは幅広くやりたい。(1月に発表した車椅子)バスケットボールのように個人スポンサーについても引き続き活動を進めたい」と回答を寄せてくれた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------