国際物流一貫支援ツール「shippio(シッピオ)」開発のサークルインが、500 Startups Japan、YJキャピタル、East Venturesから資金調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.5.8

左から:堀新一郎氏(YJキャピタル)、衛藤バタラ氏(East Ventures)、土屋隆司氏(サークルイン代表取締役副社長)、佐藤孝徳氏(サークルイン代表取締役社長)、澤山陽平氏(500 Startups Japan)、James Riney 氏(500 Startups Japan)

国際物流業務の一貫支援ツール「shippio(シッピオ)」を開発するサークルインは8日、500 Startups Japan、YJ キャピタル、East Ventures からシードラウンドで資金調達したことを明らかにした。調達金額については明らかにされていない。サークルインにとっては、YJキャピタル、East Ventures が運営するアクセラレータプログラム「Code Republic」を通じての調達に続くものとなる。

サークルインは2016年6月、三井物産の中国拠点などでの勤務経験がある佐藤孝徳氏(代表取締役社長)や土屋隆司氏(代表取締役副社長)らにより創業。その後、Code Republic の初回バッチに参加し、デモデイでは中小企業の国際物流をウェブサービスで効率化・最適化する PortHub を発表していた。その後、PortHub のティザーサイトは閉じられているので、今回の shippio にリブランドしたと推測される。

Shippio はフォーワーダー・輸出入事業者・商社・メーカー物流部門などを対象に、メールや電話によるコミュニケーション、ファックスによる書類のやり取り、表計算ソフトによる取引管理など、煩雑で時間のかかる輸出入手続き、管理を大幅に簡略化し、業務効率を飛躍的に高めたり、貨物・決済を可視化したりできるクラウドサービスだ。正式公開は2017年6月中旬を予定している。

この分野では、サンフランシスコに拠点を置くスタートアップ Flexport が先行しており、Founders Fund などから、これまでにシリーズ A ラウンドおよびシリーズ B ラウンドを通じて総額9,400万ドルを調達している。昨年開催されたタイ初のスタートアップ・カンファレンス TechSauce Summit のピッチコンペティションでは、国際運送のための運送会社マーケットプレイス「GizTix 」が優勝、また、昨年の HackOsaka のピッチコンペティションではスペインの物流クラウドサービス「Shipwise」が Bronze Prize を獲得するなど、注目度の高いバーティカルと言えるだろう。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------