荷物預かりのシェアリング「ecbo cloak」が大阪でサービス開始、年内に福岡や名古屋など主要都市へ拡大予定

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2017.5.31

ecbocloak_osaka_2

荷物預かりのシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecboは5月31日、対応エリアを大阪へ拡大することを発表した。4月の京都進出以来、3カ所目のエリア拡大となる。

<関連記事>

ecbo cloakは旅行者などの荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つお店を繋ぐシェアリングサービスで大阪では食べ歩きを楽しむ旅行客をメインターゲットとする。加盟店舗は中華料理店の「大成閣」や海鮮居酒屋「てつたろう」などの飲食店をはじめ、メイド喫茶やゲームセンター含め30店舗。

同社は毎月対応エリア拡大を実施しており、年内には福岡や名古屋、北海道、神戸といった主要都市へ進出していく予定。年内の登録店舗数1万店舗を目指している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------