福岡市スタートアップカフェ、福岡と海外相互のスタートアップ支援を強化する「Fukuoka Global Startup Center」を開設

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.5.8

福岡市は8日、FUKUOKA growth next 内にあるスタートアップ支援施設「スタートアップカフェ」に、福岡市内のスタートアップの海外展開と海外スタートアップの福岡市内における活動を支援に特化した「Fukuoka Global Startup Center」を開設すると発表した。同センターは8日11時から業務を開始する。

海外販路拡大のための現地情報の提供やビジネスパートナーの紹介、現地調査のための支援施設の利用、海外スタートアップイベントへの出展に向けたイベント情報の提供など。福岡市では、これまでにエストニア政府、ヘルシンキ市、台北市、台湾スタートアップハブ、サンフランシスコ D-HAUS(btrax による運営)と MoU(覚書)を締結しており、これら MoU 締結先施設を福岡のスタートアップが活用できるようにすることで活動を支援する。

情報提供やパートナー紹介においては、海外各地に造詣の深い、福岡を拠点とするスタートアップや起業家が支援する。イギリスは Qurate の Tom Brooke 氏、イスラエルは F Ventures の両角将太氏、台湾はヌーラボの橋本正徳氏、フィンランドはらいねんの牧之瀬英央氏、フランスは ikkai の Yasmine Djoudi 氏と Thomas Pouplin 氏、大学は九州大学の熊野正樹氏が担当予定。

<関連記事>

また、5月末から6月初めにかけて、台湾・台北市内でアジア最大規模のテックカンファレンス「Computex Taipei」が開催されるが、福岡市では、台北市からの支援を受け、Computex Taipei の中のスタートアップ特化サブイベント「InnoVEX」に参加するスタートアップを募集している。渡航や宿泊に関する手配や費用は自己負担となるが、最大5社程度のブース出展やピッチ出場が無償で提供される見込みだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------