インドネシアGo-Jekの医薬品配送サービス「Go-Med」が医師相談アプリ「HaloDoc」に統合、協力関係を強化

by e27 e27 on 2017.5.26

GO.JEK_.Halodoc.3-1
(左から)Darodjatun Sanusi 氏(GP Farmasi 事務局長兼インドネシア薬剤師会名誉会員)、Jonathan Sudharta 氏(Halodoc CEO 兼設立者)、Monica Oudang 氏(Go-Jek 人事部長)
Image credit: Go-Jek

インドネシアの配車サービス大手 Go-Jek は、同社の医薬品配送サービスである Go-Med を HaloDoc に統合したと発表した。HaloDoc は医師とオンラインで相談することができるアプリ。

Go-Med のサービスは以前 Go-Jek アプリ内で提供されていた。今後は HaloDoc のオンライン相談サービスの一部となり、エンドツーエンドのヘルスプラットフォームと位置付けられる。

HaloDoc の CEO である Jonathan Sudhartha 氏は記者会見の場で、同社が過去1年間に得た知見の結果として今回の統合を判断したと述べた。

私たちの目標は、医療へのアクセスを簡単にすることです。(Sudhartha 氏)

HaloDoc はまた、姉妹会社の ApotikAntar が運営する医薬品配送サービスを終了すると発表した。同アプリは Go-Med に似た機能を持っていた。

2016年4月、HaloDoc の非公開プレシリーズ A ラウンドに Go-Jek が参加した。これが両者の連携の始まりとなった。ヘルスケアスタートアップの HaloDoc は2016年9月にシリーズ A ラウンドで1,300万米ドルの調達に成功している。インドネシアのジョコ・ウィドド大統領はかつて同社を、デジタル業界でインドネシアを一躍有名にするであろうスタートアップ企業の一つ、として称えたことがある。

両社によると、予約とトランザクションの処理を簡素化する努力を続けた結果、発注にかかる時間を88分から40分に短縮することができたという。

在庫を正確に管理するため、HaloDoc は現地の薬剤師とのパートナーシップを強化する必要がある。また、この統合により、インドネシアでの他の都市での展開に先がけて、大ジャカルタ都市圏内での運営にフォーカスすることも必要となる。

Go-Jek は e ウォレット機能 Go-Pay を提供しているが、Go-Pay は現時点で HaloDoc のプラットフォームには対応していないため、ユーザは当面の間現金のみで支払いを行うことになる。

最近 Go-Jek は、Go-Life のサービス群を Go-Jek 本体とは異なる別のアプリに分割した。Go-Life はマッサージ、ホームクリーニング、自動車修理、美容院の予約サービスなどを提供している。これらのサービスを利用するには、ユーザは Go-Life アプリを追加でダウンロードする必要がある。複数のサービスを統合する最近のトレンドから見ると、若干興味深い動きと言えるだろう。

将来的には Go-Jek が展開するすべての都市で Go-Med サービスが再び利用できるようにしたい、と両社は述べた。

また、HaloDoc は現在、同プラットフォーム上に臨床検査予約サービスを追加すべく開発中であるとほのめかした。PesanLab という名の姉妹会社があるが、こちらはすでに同種のサービスを提供している。

【via e27】 @e27co

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------