IoT活用のスマートホステルをプロデュースするand factoryが横浜市、NTTドコモと共同で「未来の家プロジェクト」を開始

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.6.29

d14185-59-289368-2.jpg

IoT機器を活用したスマートホテルをプロデュースするand factoryは6月22日、横浜市およびNTTドコモと共同でIoTおよび人工知能(AI)を活用した快適な室内環境づくりを検討・推進する「未来の家プロジェクト」を開始することを発表した。同プロジェクトは横浜市が立ち上げた「I・TOP横浜」の一環で、横浜市の経済発展やビジネス創出を目指している。

本プロジェクトでは横浜市内のIoT機器メーカーや中小企業などと協力し、IoT家電やセンサーを実装した「IoTスマートホーム」を構築。(IoTスマートホームはNTTドコモの商標)約2年間にわたり、IoTスマートホームで実証実験を実施して生活ログを蓄積・解析する。

d14185-59-536778-9
IoTスマートホームのイメージ。洗面台の前に埋め込まれた体重計に乗ると現在の体重がスマートミラーに表示される/PRTIMES内プレスリリースより

IoTスマートホームには、座るだけで心拍数が計測されるソファーや睡眠の深さや呼吸を計測することができるベッド、スマートロックなどの17種類のIoT機器が設置される。このIoT機器はスマートフォンにより制御され、アプリ上でデータの閲覧やIoT機器の操作が可能だ。これらにより快適な居住空間を目指すほか、健康管理面に関しても便利な設計を目指す。

d14185-59-619972-0 (1)
アプリケーションイメージ/PRTIMESプレスリリース内より

同社はスマートホステル「&AND HOSTEL」のプロデュース経験とプラットフォームアプリ「&IoT」の開発実績を活かし、今後の実証実験からの事業化やIoTスマートホームの普及を推進していく役割を担っていく。

Source:PRTIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------