井口尊仁氏率いるDokiDoki、声でつながる〝カフェ的空間〟を提供するソーシャルメディア「Ball(ボール)」を正式ローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.6.16

DokiDoki は16日、4月からベータテストしていたモバイルアプリ「Ball(ボール)」を、日米のアプリストアで正式ローンチしたことを明らかにした。iTunes AppStore からダウンロードすることができる。

このアプリはもともと「baby」という名前で公開されていた音声ソーシャルアプリがピボットしたものだ。Ball では、8秒間の音声(ベータテストでは5秒間だった)をキャッチボールするように、グループ内で声を投げ合う体験が提供される。アプリを立ち上げていれば、同じグループ内にいる他のユーザからの自動的に音声が流れてくるしくみだ。

4月からの40日間のベータテスト期間では、100人のテストユーザにより2万件の会話が交わされたとのことで、1日あたりの平均利用時間は7分程度。昨年 SensorTower が発表したデータによれば、Instagram の1日あたりの平均利用時間が15分程度なので、アプリが一般公開されていない時点で、Ball のユーザは Instagram の約半分の時間を利用したことになる。

Doki Doki では今後、Ball の機能や体験改善を行いつつ世界のアプリストアでのローンチを目指し、Ball は音声を使ったモバイルアプリであることから、Amazon Echo やインテリジェントスピーカーを使ったユーザ体験を開発していきたいとしている。同社では今年2月に、学術研究の共同推進を念頭に、プレシードラウンドでで京都大学イノベーションキャピタル(京都 iCAP)から5,000万円を調達している。この研究の共同推進は、今後のユーザ体験の開発にもポジティブな提供を与えるだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------