荷物預かりのシェアリングサービス「ecbo cloak」が福岡でサービス開始、新たに神社が加盟施設に

by SuzukiSekiko SuzukiSekiko on 2017.6.28

.jpg

荷物預かりのスペースシェアリングサービスecbo cloak(エクボクローク)は6月28日、福岡でサービスを開始することを発表した。福岡県内の対応地域は福岡市および北九州市。同社は4月に京都5月に大阪へとサービスの対応エリアを広げており、福岡進出は年内3度目の拡大となる。

ecbo cloakは荷物を預けたい人と荷物を預かるスペースを持つ施設のシェアリングサービス。福岡ではecbo cloakに加盟しているコワーキングスペースやヘアサロン、観光案内所などの施設に荷物を預けることができる。また同サービスとしては初の神社、鳥飼八幡宮も加盟施設になる。

同社は2017年度内に全国1万施設の加盟を目指しており、iOSおよびAndroid版アプリのリリースも予定。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------