パリ拠点のハードウェア特化VC兼コミュニティ「Hardware Club」、Foxconn(鴻海/富士康)やMistletoeなどから2,800万米ドルを調達

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2017.6.17

有名百貨店 Harrods にある、Hardware Club のメンバースタートアップによるプロダクト展示コーナー
Image credit: Hardware Club

Hardware Club は本日(原文掲載日:6月15日)、初のベンチャー資金調達を行なったと発表した。2,800万米ドルに及ぶ資金は、同社のコミュニティプラットフォームから生まれるシードステージスタートアップの支援に使われる。約3年前にローンチした Hardware Club はパリに本部を置き、サンフランシスコや東京にもオフィスを設置している。

Hardware Club は当初、ハードウェアスタートアップが相互に助け合えるネットワークコミュニティを構築した。その後、そのネットワークを Foxconn(鴻海/富士康)などの製造業大手、Amazon や Target などの流通業大手などに広げ、メンバースタートアップが開発を進める上であらゆる面において支援してきた。

最近では、Hardware Club は VC 的な動きもしている。昨年12月現在、彼らは10万米ドルのシード投資を10件実施している。新たな資金を手にいれた Hardware Club は VC 企業として再編成され、平均的な出資の規模は一件あたり約50万米ドルになるものの、最大で150万ドルまでを出資できるようになる見込みだ。

共同創業者の Barbara Belvisi 氏は、次のように語っている。

我々の目標は常に、新しい VC アプローチを作り上げてくることだった。

どうやってスタートアップを支援し、彼らを成功に導くかという点について、我々にはコミュニティがある。

左から:ジェネラルパートナーの Jerry Yang 氏、共同創業者の Alexis Houssou 氏と Barbara Belvisi 氏
Image Credit: Hardware Club

Belvisi 氏は Hardware Club を Alexis Hossou 氏とスタートさせ、Jerry Yang がジェネラルパートナーとして参画した。今回の調達に参加した機関投資家には、Bpifrance、Credit Mutuel Credit Mutuel Arkéa(編注:いずれもフランスの金融機関大手)、Foxconn、Mistletoe などがいる。

Hardware Club は今後3年間で、10〜15社への出資を計画している。対象となる領域は、デジタルヘルス、人工知能、新型センサー、コネクティッドビルディング、スマート交通、コンシューマハードウェアだ。

Hardware Club の統計によれば、同社のコミュニティには現在、30カ国以上から260のスタートアップが参加している。メンバー企業らは総額で VC から7億ドル以上、クラウドファンディングで8,000万ドルを調達している。

近年ハードウェアスタートアップが経験してきた浮き沈みにもかかわらず、Belvisi 氏は今後数年の間に、ハードウェア業界が大きなイノベーションとディスラプションを経験することになると確信している。新たな資金調達により、Hardware Club はさらにリーチを拡大して、よりよいリターンへの可能性を提供するとともに、さらに多くの優秀なスタートアップの発掘が可能になるだろう。

これまで、産業革命が起きるたびに人々の生活に大きな影響を与えてきた。そして、そこにはいつもハードウェアコンポーネントが存在した。

我々は、ドローンやロボットで新しい産業革命を起こそうとしているスタートアップにも投資している。彼は人類の文明を、次のレベルへと高めようとしている。(Barbara Belvisi 氏)

(編注:以下のビデオは、Hardware Club が昨年、フランスの量販店 FNAC で、メンバースタートアップのプロダクトを展示販売した際の PV。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------