ネスレのカプセル型コーヒーメーカーと同じ感覚で赤ちゃんの成長に合わせた粉ミルクがつくれる「Babynes」

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.6.20

<ピックアップ> Introducing Gerber Babynes: formula that evolves with your growing child

母乳から粉ミルクに切り替えるタイミングでお母さんが悩むのが、どの粉ミルクを選ぶのか。母乳は、赤ちゃんの成長に合わせて必要な栄養価を含有するが、市販の粉ミルクはそこまで考慮されてつくられていない。

市販粉ミルクの代替えとして開発されたのが、「Gerber Babyness Smart Nutrition System」だ。開発したのは、ネスレ。同社のコーヒーカプセルを入れることで淹れたてのコーヒーが楽しめるマシーンと同様の仕組みで粉ミルクをつくることができる。

赤ちゃんが生まれてから3歳になるまでのあいだ、その年齢に応じて栄養価が異なるカプセルが用意されている。例えば、0ヶ月〜6ヶ月の半年間は、粉ミルクのタンパク質やカロリーなどは母乳に似せてつくられているという。

片手でカプセルを入れるだけで、完全に混ざったミルクをつくることができる。温度調整も可能だという。本体価格は、199ドル。粉ミルクのカプセルは、26つのパックが29ドルで購入できる。

詳細は、動画をご覧いただきたい。

via. Mom Trends

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------