KIYOラーニングが総額1億8500万円の資金調達を実施、講座作成ノウハウの活用でBtoB事業へ参入

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.6.14

2017-06-13 21.44.06

資格取得のためのオンライン講座「通勤講座」を運営するKIYOラーニングは6月9日、総額1億8500万円の資金調達を実施したことを発表した。

株式による第三者割当増資と融資による調達で、増融資の引受先はフューチャーベンチャーキャピタルが運営するウィルグループファンド 、かんしん未来の両ファンドおよびフリービットインベストメント、マイナビ 、三菱UFJキャピタル、みらい創造機構、第一勧業信用組合の計7社。融資金や株式による調達金額、株式比率などの詳細は公開されていない。

通勤講座はビジネスパーソンが資格取得をするための教育コンテンツを配信するサービスで現在中小企業診断士や司法書士など15種類の資格講座を展開している。有料会員数は約15,000人。

今回の資金調達により資格講座のラインナップ拡充やサービス開発をすすめる方針。また、「通勤講座」の講座作成ノウハウを応用し、新たにBtoBに参入する方針も示している。まずは7月に、社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」のリリースを予定している。

Source:PRTIMES

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------