スマホ内蔵の単眼カメラだけで、ユーザの手の動きをVRの中に挿入できる「ManoMotion」がSDKを公開

by Dean Takahashi Dean Takahashi on 2017.6.3

バーチャルリアリティ(仮想現実=VR)は、まるで別世界にいるような気分にさせてくれる。しかし、手を使ってみると、すぐにその錯覚は壊れる。ManoMotion は画像処理技術(computer vision)を使って、手やジェスチャーをアニメーションのシーンにリアルタイムで挿入できる、低コストな方法を開発した。

同社は今日(原文掲載日:6月1日)、開発者とユーザー向けに、VR、AR(拡張現実)、MR(複合現実)のアニメーションアプリにジェスチャーを組み込めるよう、ソフトウェア開発キット(SDK)を発表した。

スウェーデンのストックホルムを拠点とする ManoMotion の CEO Daniel Carlman 氏が、私にテクノロジーのデモを見せてくれた。彼のスマートフォンの単眼二次元カメラは彼の手の動きを検出し、ゲームエンジンの Unity で構築されたアニメーションにその動きを挿入することができた。このような効果は、多視点カメラ、深度カメラ、モーションキャプチャスタジオなどの他の技術でも実現できるが、これらの技術は高価であり、一方、ManoMotion は低予算で VR 上に「手の存在」を実現する。

Carlman 氏はインタビューの中で、次のように語った。

VR 空間の中に手を伸ばし、そこにあるオブジェクトを操作してほしい。これはより優れたユーザーインターフェースの足掛かりだ。VR には最終的に、音声・視線追跡・ジェスチャーのインターフェースが必要になると考えている。

深度を追跡したり、動的なジェスチャー(スワイプ、クリック、タップ、握る、放すなど)なども扱ったりすることができ、CPU・メモリ・バッテリーなどは省エネルギー設計だ。ジェスチャーを起こしてから、それが VR に反映されるまでのレイテンシーは10ミリ秒以下で、iPhone 6S の処理電力の30%程度しか必要としない。

競合と比べて見ると、Leap Motion の技術は 3D センサーを使っている。Oculus Rift や HTC Vive のような VR ヘッドセットでは、手にコントローラを握る必要があるので、指の動きを完全に捕捉することはできない。

何かを握っていたり、押していたりすれば、それを検知することができる。深度については、センチメートルレベルの精度がある。我々は、他の代替手段で必要になるコストの一部だけで、これを実現することができると考えている。(Carlman 氏)

これまで、ManoMotion は1対1で顧客と協業してきた。(今回リリースされた)新しい SDK により、はるかに多くの開発者が技術を使いこなせるようになるだろう。ManoMotion は SDK をフリーミアムモデルで提供しており、異なる顧客のニーズに合わせ複数の階層を用意している。

ManoMotion を使えば、VR / AR / MR 空間の中で自分の手を見たり、オブジェクトを移動したりすることができ、右手か左手でオブジェクトを操作することができる。また、指を広げている、ピンチしている、特定のオブジェクトを指しているかどうかを認識する。スワイプやクリックなどの動的なジェスチャも検出できる。つまり、指を使ってボタンを押したり、VR アプリでレバーを引いたりすることができる。ManoMotion は iOS と Android の両方をサポートしており、Unity 用のプラグインが付属している。

現在14人の従業員を擁する ManoMotion は、2015年の設立。本社はストックホルムにあり、カリフォルニア州パロアルトにオフィスを構える。こののチームは、最小の技術的要件のもと、正確な方法で手のジェスチャーを測定するという目標から事業を始めた。同社は、カリフォルニア州サンタクララで開催中の Augmented World Expo で SDK をリリースした。Carlman 氏は、最初のアプリがまもなく登場するだろうと話した。

ManoMotion はこれまでに200万ドルを調達している。共同創業者には Carlman 氏のほか、CTO の Shahrouz Yousefi 氏や、同社のアドバイザーで KTH Royal Institute of Technology(スウェーデン王立工科大学)の 教授 Haibo Li 氏らが名を連ねる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------