メルカリが月イチまとめ払いを一部ユーザーから試験開始、アプリDL数は日米で7500万件に

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2017.6.5

mercari

フリマアプリ「メルカリ」は6月5日、月次で購入した商品の代金をまとめて翌月に支払うことのできる「メルカリ月イチ払い」の試験運用を今日から開始すると発表した。対象となるのは過去のメルカリ利用実績を元に抽出した一部ユーザーで、利用限度額は2万円まで。

商品購入時に「メルカリ月イチ払い」を選択し、期限までにコンビニ・銀行ATMで代金を支払うことができるほか、メルカリ上にある売上金を利用することもできる。具体的には、月の1日から末日までに購入した商品代金について翌月の1日から末日までが支払い期間となる。手数料はこの支払い方法を利用するごとに100円がかかる。

同社に確認したところ、テスト期間の終了日は特に決まっておらず、利用できるユーザーの範囲や利用金額枠(現在2万円)についても拡大・調整していくことになるという。また今回の実質的なユーザーへの与信管理については別の決済代行等の事業者があるわけではなく、メルカリが独自に実施しているという話だった。

また支払いが期限内に完了しなかった場合については、アプリのプッシュ通知に加えてSMS、最終的には電話による督促が実施されることになり、支払いが完了するまで次の買い物はできない仕組みになっている。

これに関わらず万が一アカウントが停止された場合、登録している電話番号以外にも登録情報などと照らし合わせて過去に凍結されたアカウントと同一人物か確認しているそうなので、複数アカウントを使った支払い逃れはほぼ不可能な運用フローになっているという説明だった。

同社では今回の発表に合わせ、同社のアプリダウンロード数が日米合算で7500万件(米国2500万件、日本5000万件)に到達したことも公表している。

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------