バイクシェアリングのMobike(摩拜単車)が日本市場に参入、国内サービス第一弾は福岡市から

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.6.22

左から:福岡地域戦略推進協議会(FDC) 事務局長 石丸修平氏、Mobike 海外展開統括 Chris Martin 氏、福岡市総務企画局理事 永浦洋彦氏
Image credit: Mobike Japan

バイクシェアリングの Mobike(摩拜単車)が、中国やシンガポールに続きイギリスでもサービスを開始すると発表したのは先週のことだ。サービス開始から14ヶ月で、サービス展開する自動車台数450万台、既に開示分だけでも総額9億ドル以上を調達しているこの中国のスタートアップは、今月神戸で開催された Infinity Venture Summit 2017 Spring でも、日本市場への参入を示唆していた

Mobike は22日、福岡市のスタートアップハブ FUKUOKA growth next で福岡市や福岡市地域戦略推進協議会(FDC)と共同で記者会見を開き、Mobike の日本法人としてモバイク・ジャパンを福岡市内に設置することを明らかにした。

Image credit: 福岡市

プレスリリース中で、同社は、

今後、Mobike は福岡市を皮切りに多くの人々の生活に寄り添いながら、日本全国へと展開を広げていきます。

…と説明。事実上、Mobike が日本で最初に上陸するのは福岡市となる。Mobike は福岡市と連携し、福岡市内に Mobike 専用の駐輪場を整備する方向で検討を進める。現時点では、サービス開始日や日本でサービス提供する際の料金については明らかになっていない。

福岡市はアーバンモビリティ(都市交通)分野のスタートアップとも相性がよいようだ。今年に入って、スタートアップによる空港バスの運行なども開始している。東京や大阪などでは鉄道が移動手段の主翼を担う一方、福岡市内には地下鉄などの既存の交通手段でリーチできないエリアが残されており、それらを補完するツールとしてもバイクシェアリングに白羽の矢が立ったと言える。スタートアップ都市を宣言し、海外のスタートアップとの連携を強化している福岡市の姿勢も、Mobike にとって好都合だったと言える。

Image credit: 福岡市

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------