お互いの電話番号を知らなくても通話可能なTrustalk、KWCとレキサスが提供ーーシェアリング、C2C事業者需要を見込む

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2017.6.28

trustalk_002

KDDIウェブコミュニケーションズ(以下、KWC)と沖縄を拠点とするレキサスは6月27日、互いの電話番号を知らなくても通話できるサービス「Trustalk(トラストーク)」の提供を開始した。導入事例として家事代行サービスCaSyや会議室シェアサービスのスペイシーなど4社の導入が決まっている。

TrustalkはKWCが提供するクラウド電話API「Twilio」を活用したサービスで、サービス側が提供する電話番号に対してかけることで、お互いの電話番号を通知することなく連絡が取れる。音声の録音や再生、通話データの取得、通話内容のテキスト化なども可能で、CaSyのようなサービス提供者は用意された開発ドキュメントに従い自社サービスに組み込むことができる。KWCとレキサスが共同で企画し、サービスの提供自体はレキサスが実施する。

近年増加するC2C(個人間取引)やCaSyのような個人を繋ぐオンデマンドサービスでは、緊急の場合の連絡に個人所有の携帯電話などを利用するケースがある。この場合のプライバシーを守る方法としては一旦本部機能のある場所に電話をかけて、そこから客先に連絡するなど一手間必要だった。Trustalkはこのプライバシー問題を解決してくれる。

同社は7月11日にシェアリング関連サービス事業者を中心にプライバシー通話の導入を検討する企業向けの説明会を実施する。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------