宇宙ゴミを掃除するAstroscale、シリーズCラウンドでANAや切削工具メーカー大手OSGなどから2,500万ドルを調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.7.16

Image credit: Astroscale

シンガポールと東京を拠点に、宇宙ゴミ(スペースデブリ)の除去技術を開発するスタートアップ Astroscale は13日、シリーズ C ラウンドで2,500万ドルを調達したことを発表した。このラウンドに参加したのは、既存投資家ので産業革新機構(INCJ)、ジャフコ(東証:8595)、三菱 UFJ キャピタルのほか、ベンチャー投資会社のエースタートANA ホールディングス(東証:9202)、切削工具メーカーのオーエスジー(東証:6136)。Astroscale は今回調達した資金を使って、イギリス子会社の体制拡充と経営体制の強化を行うとしている。

今回の調達は Astroscale にとって、シリーズ A ラウンドでの770万ドルの調達シリーズ B ラウンドでの3,500万ドルの調達に続くものだ。今回新たに参加した投資家のうちオーエスジーとは、2015年に同社のスポンサードにより、微小デブリ計測衛星「IDEA OSG 1(イデアオーエスジーワン)」の開発に着手していた。Astroscale は来年初頭に IDEA OSG 1、2019年前半に磁石を備えたデブリ除去衛星実証機「ELSA-d」の打ち上げ、2020年の事業化を目指す。

Astroscale ELSA-d
Image credit: Astroscale

Astroscale は、ANA からは安全運航や管制に関する知見や航空会社としての経験、OSG からは衛星製造に向けたツールの提供などを受けるとしている。ANA による宇宙事業への投資としては、2016年12月に実施した宇宙機開発スタートアップ PD エアロスペースへの出資(2,040万円)に続くものとなる。ANA は2016年4月、航空産業以外への事業着手を念頭に、グループ全体のイノベーション推進のためデジタルデザインラボを立ち上げ、クラウドファンディングサイト「WonderFLY」を運用している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------