AnyPayがDasCapitalと共同で仮想通貨・フィンテック領域へ投資を強化、代表の木村氏の投資実績も公開

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.7.14

d21059-19-109536-0.jpg

割り勘アプリ「paymo」などスマートフォン決済サービスを提供するAnypayは7月14日、同社代表取締役の木村新司氏が代表を兼任するDasCapitalと共同で仮想通貨・フィンテック領域への投資を開始することを発表した。また、この発表内にて2008年からの木村氏の事業・投資家としての活動と2016年度より開始したDasCapitalの投資実績を公開している。

木村氏は2008年より事業・投資家活動を開始。「ウェブからソーシャル/スマホへのシフト」に焦点をあてニュースキュレーションサービスのGunosyやビジネスSNSのウォンテッドリーへ投資をしてきた。今回の発表で仮想通貨やシェアリングエコノミーのような規制緩和や技術革新、新興国をキーワードに投資をすすめる意向を示す。

同氏はDasCapitalとあわせてこれまで26社、累計約23億円の投資を実施している。株式の保有状況は約40%をエグジット済みで、投資後2.5年以内のものが約半分を占める。今回の発表以前に2012年にはコイニー、2014年にはbitFlyerなどフィンテック・仮想通貨領域への投資にも着手。さらに詳しい投資実績に関しては下部資料を公開している。

 

DasCapital 投資実績 (2017年07月) from AnyPay Inc.

今後はAnyPayの知見を活かしながら事業シナジーを生み出すことで、インド、韓国を中心としたアジア諸国におけるグローバルなフィンテック事業の加速を目指す。

Source:PRTIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------