VRソフトウェア開発のDVERSE(ディヴァース)、凸版印刷から100万米ドルを資金調達——次世代VRソリューションの開発で業務提携

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.7.10

VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアを開発するスタートアップ DVERSE(ディヴァース)は10日、凸版印刷(東証:7911)と資本業務提携を5月31日に締結していたことを発表した。また、この提携において、DVERSE は凸版印刷から Convertible Equity( CE 型新株予約権)により100万米ドルを調達したことも明らかにした。これは、DVERSE にとって、2015年7月のシードラウンド(調達額非開示)、昨年6月の103.9万ドルの調達に続くものだ。

DVERSE は今年2月、建築・土木業界をターゲットとした VR ブラウザ「SYMMETRY alpha(シンメトリ・アルファ)」を公開している。SYMMETRY alpha では、CAD データ(SketchUp ファイル)をインポートすることで、ヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)を使って、建築物の外観だけでなく、その内部に身を置いて擬似的に周囲を見渡す体験を実現できる。6月には、SYMMETRY alpha の機能を拡張し、建築・土木で利用される点群データ(.rcp ファイル)をインポートすることで、建築物の大きさ、形、色などを体感できるようにすることを発表している

一方、凸版印刷はウェブサイト「トッパン VR アーカイブ」にも見られるように、建築物の VR データ化や再現で数多くのプロジェクトを手がけている。今回の業務提携内容の詳細については明らかにされていないが、両社は SYMMETRY alpha をベースに、凸版印刷が進めてきた VR ソリューションやコンテンツの開発で協業すると考えられる。

SYMMETRY alpha

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------