自動貯金アプリの「finbee(フィンビー)」、オンライン家計簿サービスの「Zaim」と連携——レシート撮影や手入力で自動おつり貯金等が可能に

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.7.26

自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」を運営するネストエッグと、オンライン家計簿サービス「Zaim」を運営する Zaim は26日、両社が業務提携しアプリ上での連携を始めたことを明らかにした。具体的には、ユーザが両サービスを利用している場合、、Zaim 上でレシート撮影したり出金情報を手入力したりすると、finbee 上に設定された貯金ルールにより、自動で貯金が可能になる。

今回提供される機能は、Zaim に入力した支出に対して finbee で設定された金額(100円、500円、1,000円のいずれかから洗濯)で支払った場合におつりが貯金される「Zaim おつり貯金」と、Zaim に設定した予算と1ヶ月の支出金額の差分が貯金される「Zaim 空き枠貯金」の2種類。finbee は住信 SBI ネット銀行の銀行口座と連携できるので、おつり貯金・空き枠貯金をデビットカードでの支払にも利用可能だ。

Zaim のユーザは、日本国内を中心に650万人。一方、finbee のユーザ数は公開されていないが、ネストエッグ代表取締役社長の田村栄仁氏が TechCrunch Japan に先月語ったところでは、数万人規模とされている。サービス間のユーザ流入の貢献という観点では、圧倒的に Zaim → finbee という方向が大きいが、個人のお金の管理を簡便なものにし、無駄遣いを抑制するというコンセプトは両アプリに共通しており、その親和性の高さが今回の提携・連携につながったと考えられる。

<関連記事>

finbee の Zaim 連携メニュー
(クリックして拡大)

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------