ティーンのFacebook離れ、SnapchatとInstagramへの移動傾向が再来か

by Chris O'Brien Chris O'Brien on 2017.8.23

2017年4月のF8に登壇したマーク・ザッカーバーグCEO
Image Credit: Screenshot

8月といえばドラマの再放送シーズンだが、今回はインターネット上で起きている。Snap や Instagram などのホットで新しいソーシャルメディアの勢いにおされて、若い世代の Facebook 離れが起きていると多くの人が騒ぎ出すドラマのことだ。

このドラマは最初に2013年に流れたものだ。当時マーク・ザッカーバーグ CEO は若いユーザーの伸びが期待してるよりも緩やかであることを認めた。この発言がきっかけで、ネット上には Facebook の終焉を予期するような記事があふれ出した。

葬り去られた! クールじゃない! ティーンのいない場所!

そんな不安は無用だった。2017年、Facebook は8億というとんでもないユーザー数を有している。

だが、eMarketer は21日、最近出したレポートにおいてこうしたティーンの動きについて再び言及している。

eMarketer は、アメリカにおける12-17歳、18-24歳の Facebook の月間ユーザーの予測を低減した。だが、同年齢層における Snapchat と Instagram の推測使用量はそのままか、またはより高く調整した。若いソーシャルネットワークユーザーは、他のプラットフォームを好む結果、Facebook から離れつつある。

eMarketer はレポートにおいて、Facebook の12-17歳のユーザー数は2016年に比べて3.4パーセント減少していると述べている。これは、年間のユーザー数が減少した二度目の例で、2015年から2016年にかけての1.2パーセントの減少率をさらに上回るものだ。さらに、12歳以下と18-24歳のユーザー数の伸び率も緩やかになっているとレポートは指摘している。

eMarketer のシニアアナリスト、オスカー・オロズコ氏は次のようにコメントする。

ティーンと10-12歳のユーザーは Snapchat と Instagram が移動する傾向にあります。どちらのプラットフォームも、この世代のコミュニケーション方法、つまり視覚的なコンテンツを使う方法をつかんでおり、この年齢層で成功しています。Facebook を離れていないユーザーも、この年齢層で Facebook に残っているユーザーは、ログインの頻度や滞在時間が少ないなど、エンゲージメントが少ない傾向が見られます。

ご存知の通り、Facebook は Instagram を2012年に買収している。eMarketer は、Instagram は2017年には23.8パーセント成長すると推測している。一方、Snapchat は今年初めの IPO 以来難しい時期を過ごしてているが、eMarketer が Snapchat の短期的なユーザー数の成長予測率を上方修正しているのは期待あふれるニュースだ。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------