ファーマーズマーケットにおつかいに行って当日自宅まで届けてくれる「Fresh Nation」

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.8.4

<ピックアップ> Fresh Nation gets $1M to bring farmer’s markets to your door with crowdsourced, same day deliveries

生鮮食材を買いたい場合、北米ではスーパーだけでなくファーマーズマーケットを活用できる。各市が週1〜2回ほど定期的に開催する生鮮市場では、地元の農家から採れたての野菜を直接購入できる。

週末に開催されることが多いが、なかには平日に開く場所もある。だいたい早朝から昼過ぎ頃まで市場は出ているものの、仕事をしているとなかなか足を運びにくい。

ロサンゼルス発の「Fresh Nation」は、このファーマーズマーケットに特化したお使いサービスだ。あらかじめ注文しておいた商品を、市場開催の当日に届けてくれる。注文の合計が75ドル未満だった場合は、商品価格のほかに配達料5ドルがかかる。

農家は、”ついで”感でFresh Nationの顧客に商品を販売することができるのもポイント。新たに手間が発生する場合、小規模農家は対応しづらいが、前日の昼までに入った注文分をファーマーズマーケット当日追加して持っていくだけ。

サイトを確認してみたところ、現在はファーマーズマーケットにとどまらない地元の生鮮食材のデリバリーを提供しているようだ。

via. Pando Daily

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------