「マネーフォワード」や「MFクラウドシリーズ」提供、SaaS会計スタートアップのマネーフォワードが東証マザーズ上場へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.8.25

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京を拠点とする、日本の代表的な SaaS 会計スタートアップのマネーフォワードは今日、東京証券取引所への IPO 申請が承認されたと発表した。上場予定日は9月29日で、上場に際し、161万7,700株の公募と93万1,000株の売出、オーバーアロットメントによる上限38万2,300株の売出を実施する。主幹事は、SMBC 日興證券が務める。

マネーフォワードの主要株主は(カッコ内は株主比率)、同社 CEO の辻庸介氏(19.95%)、ジャフコ(東証:8595、14.90%)、CTO 取締役執行役員の浅野千尋氏(9.47%)、CISO の市川貴志氏(6.60%)、マネックスベンチャーズ(4.78%)、クレディセゾン(東証:8253、4.11%)、マネーフォワード取締役執行役員の瀧俊雄氏(3.36%)など。

同社の2016年11月期の売上高は15億4,217万円、経常損失が8億8,259万円、純損失が8億8,897万円と報告されている。

マネーフォワードは2012年5月に、旧社名マネーブックとして設立。2012年12月以来、マネーフォワードの名称で個人向けのオンライン会計サービスを提供し、銀行のオンライン通帳機能やクレジットカードの購買記録と連携することにより、ユーザが簡単に毎日の出費を管理できるようにしてきた。マネーフォワードはデスクトップのほか、iOSAndroid でも利用できる。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------