IoTディープラーニングのPreferred Networksがトヨタから105億円を調達、外部筆頭株主に

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2017.8.4

Internet of Thingsに特化した深層学習技術(ディープラーニング)を提供するPreferred Networks(PFN)は8月4日、トヨタ自動車から105億円の追加出資を受けると発表した。今回の第三者割当増資で引受先となるトヨタが外部筆頭株主になる。両社は今後、自動運転技術などのモビリティ事業分野における人工知能技術の共同開発に取り組む。

PFNの創業は2014年3月。IoT関連で予想されるデバイスの生み出す膨大なデータを分散的に処理する「エッジヘビーコンピューティング」を提唱し、デバイス同士がリアルタイムで強調し、高度な判断を実現できるしくみづくりを目指している。交通システムや製造業、バイオ・ヘルスケア領域にフォーカスしてトヨタやファナック、国立がん研究センターなどと取り組みを進めていた。

なお、トヨタとPFNは2014年10月に共同研究を開始し、2015年12月にはトヨタがPFNに対して10億円の出資を実施している。

PFNのリリースによると、これまでの研究開発で得られた物体認識技術や車両情報の解析技術が、次世代のモビリティ社会を実現するトヨタにとって必要不可欠と判断したことから今回の大型出資に繋がったとしている。PFNは調達した資金で計算環境の拡充、人材の確保を進める。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------