チャットボットが日程調整をしてくれる「オートーク」運営、500 Startups JapanとKLab Venture Partnersから数千万円を調達

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.8.31

左から:Chief Design Officer の塚由恵介氏(Chief Design Officer)、CEO の伊藤翼氏
Image credit: Regulus Technologies

チャットボットが複数人の日程調整をしてくれるパーソナルアシスタント「オートーク」「オートークビズ」を開発・提供する Regulus Technologies は31日、500 Startups Japan と KLab Venture Partners からシード資金を調達したことを発表した。正確な調達金額は明らかにされていないが、数千万円程度とみられる。

Regulus Technologies は、インタレスト・シェアの「log」を開発していた we-b(現在は、プログラミング教室「TECH:CAMP」 を提供する div として知られる)出身の伊藤翼氏(現 CEO)と塚由恵介氏(現 Chief Design Officer)により2016年12月に創業。個人ユーザ向けの「オートーク」と法人ユーザ向けの「オートークビズ」を開発し、今年7月からサービスを提供している。

Image credit: Regulus Technologies

「オートーク」では、ユーザの Google カレンダや Outlook カレンダなどと連携し、アポを取る相手とユニークな URL リンクを共有するだけで、候補日のやりとりか代行し自動化することができる。「オートークビズ」には、加えて、氏名や勤務希望地・時間などの基本情報をヒアリングする機能が備わっており、アルバイトを多く採用する企業などで面談調整を担当するコールセンターの業務省力化を実現しており、すでに複数の上場企業に採用されている(ネオキャリアが採用していることを明らかにしている)。

同社では、今回調達した資金により、エンジニア、セールス、マーケターなどの人材採用を活発化させ、サービス開発スピードと成長をさらに加速させたいとしている。今後の機能追加により、日程調整時の会議室やレストラン予約などへの送客、個人カレンダーの空き時間への広告訴求などでマネタイズを図る。

Image credit: Regulus Technologies

チャットボットを使ったスケジュールの自動調整の分野では、Facebook の「M」(アメリカでのみ利用可)、今月 Slack や Alexa との連携を念頭にシリーズ B ラウンドで1,000万ドルを調達した「x.ai」(Fenox VC がリード、Silicon Valley Bank と DCM Ventures が参加)、韓国の Kono Laboratories の「kono(코노)」などがある。日本では、昨年 TECH LAB PAAK の第3期Subot というサービスが登場していたが、こちらはすでにサービスを終了しているようだ。

<関連記事>

人工知能分野では、スマートアシスタントとチャットボットが最も期待されている昨今、Regulus Technologies の今後の成長に期待したい。同社では、今回の調達資金の使途として前述したように、複数の職種で人材の募集をしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------