モンスター・ラボ、4度目のラウンドで7億円を調達——YJキャピタル、新生企業投資、FenoxらVC陣営、山陰中央テレビや田部など島根企業が出資

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.8.17

日本を含む世界各国でアプリ開発のクラウドソーシングを展開するセカイラボの親会社であるモンスター・ラボは16日、同社にとって4度目となるラウンドで総額7億円を調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターは YJキャピタルで、新生企業投資Fenox Venture Capital などベンチャーキャピタル各社のほか、山陰中央テレビ、および、島根県雲南市を本拠とする地元企業の田部、既存投資家などが参加した。

これは、モンスター・ラボにとって、2016年11月に実施した、島根の山陰合同銀行の投資子会社・ごうぎんキャピタルらからの2.5億円の調達、2015年11月に実施したパソナテックと DG インキュベーションからの4億円の調達、2014年に実施した East Ventures、三菱 UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタルからの約1億円の調達に続くものだ。今回の調達を受けて、同社のこれまでの外部資金調達は少なくとも14.5億円以上に上る。

今回の調達に島根県を代表する企業が参加しているのは、前回のごうぎんキャピタルからの調達のときと同じく、モンスター・ラボが島根県の松江に開発拠点を置いていることが関係している。モンスター・ラボでは従来のオフショア開発にとどまらず、海外からの日本へのエンジニア招聘を検討しており、同社では、エンジニア不足が深刻な問題となっている山陰地方の IT 業界の状況改善に寄与したいとしている。

同社は、先ごろのデンマークの Nodes 買収を受け、世界の17ヶ所に営業拠点・開発拠点を有しているが、今回の資金調達を受け、欧米企業からの受注を拡大するだけではなく、日本企業の欧米展開(ローカライズ・デジタルマーケティング)の支援、および海外市場からの先端テクノロジー、プロダクト等の導入の実現を目指すとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------