メルカリ子会社がブランド特化のフリマアプリ「メルカリ メゾンズ」を公開、撮影した写真でブランド品を自動査定

by SuzukiSekiko SuzukiSekiko on 2017.8.22

d26386-7-381030-0.jpg

フリマアプリ「メルカリ」子会社のソウゾウは8月22日、ブランド品に特化したフリマアプリ「メルカリ メゾンズ」を公開した。iOS版およびAndroid版が公開されており、iOS10.0以降およびAndroid5.0以上に対応している。

メルカリ メゾンズはカテゴリを選択して「正面を撮影してください」「中身を開いて撮影してください」といった撮影ガイドに沿って写真を撮ることによってブランド品を自動査定、出品できるサービス。メルカリのアカウントと連携しており、出品した商品はメルカリ上でも販売される。一度査定した商品はマイページに保存され、価格変動があった際には通知も届く。

メルカリと同様に取引成立時に10%の手数料がかかる。なおメルカリで売れた商品の約半数が24時間以内に売れているそうだ。

また偽ブランドの品への撲滅を掲げているのが特徴で、偽ブランド品と疑われる取引に関しては商品代金の全額保証を実施するほか、ブランド権利者と協力した出品パトロールなど5つの取り組みを公開している

同社は個人間の買います・売りますをサポートする「メルカリ・アッテ」をはじめ、5月には本やDVDに特化したフリマアプリ「カウル」をリリースしている。カウルを公開した時点で同社は本誌に対してカテゴリ特化のサービスを「今年中にもう1つ出す予定」と話していた

Source:PRTIMES

 

 

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------