スウェーデン発ポッドキャストプラットフォーム「Acast」が1,950万ドルを調達、米国市場拡大を目指す

by Paul Sawers Paul Sawers on 2017.9.22

Acastの iOS アプリ
Image Credit: Paul Sawers / VentureBeat

オーディオ・ポッドキャストのプラットフォーム「Acastが1,950万ドルを調達した。Swedbank Robur のファンドである Ny Teknik や Microcap など、スウェーデンの投資家が出資をしている。

2014年にストックホルムで創業したポッドキャストプラットフォーム Acast は、クリエイター、リスナー、広告主をコンシューマ向けモバイルアプリとマーケター向けの最先端の広告ツールを通じて、つなぐことを目指している。

今回の調達以前に Acast は1,300万ドルを調達しており、今回の調達した資金を元に米国での成長を加速させ、同時に国外の他の市場に拡大していく計画だ。Acast のポッドキャストは、もちろん世界のどこででも聴くことができるが、今後 Acast はより一層、自国スウェーデンだけでなく担当の営業・コンテンツチームを置いて英国、米国、オーストラリアのリスナー、クリエイター、広告主をターゲットにしていく。

Acast は VentureBeat に対してリスナー数の詳細を明かしていないが、一つの漠然とした指標は提供してくれた。同社いわく、月間5,600万のリスナーがいるとのこと。最低でも1分は聴いているユーザーを指している。また、プラットフォーム上のクリエイター数は2,000名とのこと。

スウェーデンはオーディオに特化した数々のテックスタートアップを生み出していることで知られている。SoundCloud は2007年にスウェーデンで誕生したが、2名のファウンダーは早々にドイツへと本拠地を移している。SoundCloud は、Spotify のようなオンデマンドサブスクリプション・ストリーミング配信と競争していが、現在はコアのユーザーであるクリエイターへのサポートに失敗していると多くの批判をうけている。現在もスウェーデンに本拠地を置いている Spotify は、どんどん力を増し、近い将来に上場する準備を進めている。

最近の NiemanLab によるレポートによれば、米国人の24パーセントにあたる6,700万名が毎月ポッドキャストを聴いており、前年よりもその数は3パーセント上昇しているという。

(本記事は抄訳になります。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------