農業・食品版SPAを展開するアグリゲート、シリーズAラウンドで農林中金から資金調達——都市型八百屋・惣菜デリカ店の出店を加速

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.9.25

旬八青果店

東京に拠点を置き、野菜の生産・流通・販売を一気通貫で提供するスタートアップ、アグリゲートは25日、シリーズ A ラウンドで農林中央金庫から資金調達したことを明らかにした。資金は農林中金が昨年5月に開設した、農業振興のための500億円ファンド「F&A(Food and Agri)成長産業化出資枠」からの調達で、調達額は明らかにされていない。

今回の調達はアグリゲートにとって、2016年12月に実施した JA 全農からの数千万円の調達、2016年8月に実施した諸藤周平氏やリープラからの数千万円の調達に続くものだ。アグリゲートでは今回調達した資金を使い、都市型八百屋「旬八青果店」や惣菜デリカ店「旬八キッチン」の出店を加速するほか、農林中金を通じて、産地農業者・地方自治体・食農関連事業者との連携強化を図るとしている。

アグリゲートは、東京農工大学農学部、インテリジェンス出身の左今克憲(さこんよしのり)氏が2010年に設立。同社は、農業や野菜に関わる、販売・生産流通・教育・地域活性の4つの事業を経営の柱としている。

現在、同社が都内で営業する「旬八青果店」は8店舗、惣菜デリカ店「旬八キッチン」は2店舗。一部店舗には、ニューヨーク・マンハッタン発祥のドーナツ専門店「ドーナッツプラント」が併設されている。アグリゲートによれば、ドーナッツプラントと資本提携関係はないのことだが、併設店舗ではドーナッツプラントと業務委託契約を締結しており、営業面でのシナジーを見出しているのだという。具体的には、旬八青果店の白金台店では、八百屋に買い物に来た客が、ドーナツプラントでお茶や食事をして帰る、という様子が多く見受けられているのだという。

アグリゲートは以前の取材で、2020年までに旬八青果店を50店舗、旬八キッチンを20店舗に増やす計画を明らかにしている。

ドーナッツプラントが併設された、旬八青果店白金台店
旬八青果店の Facebook タイムラインから)

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------