草だけで育てられた牛肉を毎月129ドルで届けてくれる「Butcher Box」

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.9.27

日本では、ステーキというと外で食べることが多いが、アメリカの食習慣といえば、週末に一家の主人が焼くバーベキューがある。そんな牛肉を毎月届けてくれる定期購入サービスが、「Butcher Box」だ。

サービスの開始は2015年にさかのぼり、もともとはKickstarterキャンペーンとして始まったものだった。目標調達額25,000ドルに対して、最終的に1,155人から約210,200ドル(1ドル100円換算で2,100万円)と8倍以上の資金が集まった。

Butcher Boxがこだわるのは、”grass-fed beef”だけを取り扱うこと。品質にこだわるWhole Foods Marketなどのスーパーでは取り扱われているが、穀物などではなく草だけで育てられた牛のことを指す。

Kickstarterページによると、grass-fedな牛はアメリカで育てられた牛全体のわずか1%にとどまるという。それだけ貴重であるため、住んでいる場所によっては手に入りにくいこともあるが、Butcher Boxがそれを解決してくれる。

肝心のお値段はというと、一回に8〜11パウンド(kg)、約20〜28食分が入って129ドル。一食約6ドルと、grass-fedなわりにはリーズナブルだ。

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------