イスラエル・スタートアップの祭典「DLD Tel Aviv 2017」が開幕

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.9.6

本稿は DLD Tel Aviv 2017 の取材の一部である。

人口あたり起業率で世界のトップを走る国、「Startup Nation」の異名を持つイスラエルで、年に一度の同国最大のスタートアップカンファレンス「DLD Tel Aviv 2017」がで始まった。

DLD Tel Aviv のチェアマンを務めるのは、Mobile World Congress で併催される 4YFNInnovFest Unbound などでもおなじみ、ICQ の発明者にしてイスラエルで最も有名な投資家 Yossi Vardi 氏だ。メイン会場となる、旧鉄道駅を改装したパブリックスペース HaTachana Compound を中心に、テルアビブ市内でミートアップやピッチイベントが繰り広げられることになる。

会場を歩いていると驚くのは日本人の多さだ。公式の発表はまだ無いが、テルアビブを拠点に事業展開している Aniwo 共同創業者兼 COO 植野力氏によれば、在イスラエル日本国大使館が昨夜開催したイベントには約100名、それ以外にも福岡市のデレゲーションや日本の大企業からの参加などで総勢200名ほどになるのではないかとのことだ。調べてみたところ、WIRED 日本語版エイチ・アイ・エスなどもツアーを組んでいるようで、数年後には、中東版の SXSW(サウスバイサウスウエスト)のような光景になるかもしれない。

期間中は、HaTachana 以外にもテルアビブ市内各所で、WeWork、地元銀行の Bank Leumi、ドイツの放送局 Deutsche Welle ほか、数多くの企業のスタートアップ支援部隊がピッチ・コンペティションを開いており、これらの場所でユニークなアイデアやテクノロジーを持ったイスラエル・スタートアップを見つけるのも人気の秘密となっている。

DLD Tel Aviv のアップデイトについては、追って詳しくお伝えする予定。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------