GoogleがTensorBoardのAPIをローンチ、機械学習のビジュアライゼーション向上を目指す

by Khari Johnson Khari Johnson on 2017.9.13

Google Brain のチームのメンバーは11日、TensorBoard API をローンチした。この API を使えば、AI モデルをトレーニングし、トレーニングすると同時にそれを視覚化することが可能になる。この取り組みの一環として、TensorBoard のダッシュボードもアップグレードされた。TensorBoard は、Google が2015年に TensorFlow をオープンソース化して以来、TensorFlow の一部だ。

一方で、再使用可能な API の不在によって、TensorBoard に新規のビジュアライゼーションを追加することは、TensorFlow チームの外部の者にとっては極めて難しい状態でした。リサーチコミュニティによって開発されうるクリエイティブで美しい、有用なビジュアライゼーションというロングテールが置き去りになっていました。

ソフトウェアエンジニアの  Chi Zeng 氏と Justine Tunney 氏は、Google Research のブログ投稿でこのように述べている。

有用なビジュアライゼーションを新しく作成することを可能にするために、開発者が TensorBoard のカスタムビジュアライゼーションプラグインを追加できる一連のAPIセットをリリースすることを発表します。

プラグインを試したいユーザーのために、Google はモデルが動作中に挨拶言葉を収集・表示する Greeter プラグインを作成している。音声、画像などのための利用可能な TensorBoard プラグインのリストは Github 上で入手することができる

TensorBoard API は、機械学習ツールのオープンソース化と AI の活用を推奨する Google の取り組みの中でも最新の事例だ。

先月、Google の TensorFlow と AIY(AI+DIY)のチームは、会話認識のデータセットをオープンソース化し、さまざまなスマートデバイス向けに基本的なボイスコマンドを作れるようにした。6月、モバイルデバイス上でAIモデルを走らせる TensorFlow Lite のローンチの数週間後、スマホ向けに作られた予めトレーニングされたコンピュータビジョンモデルである MobileNets をオープンソース化している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------