ラボで食品を生産するスタートアップMemphis Meats、1,700万米ドルを調達——DFJ、Cargill、Bill Gates氏らから

by Paul Sawers Paul Sawers on 2017.9.2

食料の持続可能性を訴える人々の中には、ラボで作られる肉こそが未来の食料の形だとする者もいる。これを現実のものとするため、あるスタートアップが著名投資家らから資金調達を行った。

Memphis Meats は、動物の飼育、飼料の投与、屠殺などを一切行うことなく、動物細胞を使って肉製品を生産している。サンフランシスコを拠点とする同社は昨年、2回のシードラウンドと株式によるクラウドファンディングにより、約500万米ドルの資金を調達している。今後数年間で商品の商業化を見込み、今回同社は従来よりも大規模な調達に打って出た。

このシリーズ A ラウンドは1,700万米ドルとなり、ベンチャーキャピタルの DFJ がリードした。DFJ は他にも Skype、Tesla、SpaceX、Tumblr、Foursquare、Baidu、Box などに投資している企業だ。だが、今回の投資をさらに詳しく見てみると、食品大手の Cargill、Bill Gates 氏、Richard Branson 氏、そしてヨーロッパの大手ベンチャーキャピタルである Atomico らが投資家として名を連ねている。

グロースベンチャー Cargill Protein で社長を務める Sonya McCullum Roberts 氏は、次のように述べている。

我々がこれまで取り組んできたタンパク質の事業を成長させると共に、新しい革新的なタンパク質に投資し、最終的にはお客様に完全な商品シリーズを提供することを目指しています。Memphis Meats への投資は、急成長を見せるタンパク質市場において、当社の可能性を模索するための非常に面白い手段だと考えています。

ミートアップ

食肉のために動物を飼育し続けることにより、土地、エネルギー、水の消費など、環境に大きな負荷を与えることがよく知られている。現在危機に瀕している天然資源をこのままのペースで使い続けるわけにはいかず、だからこそ多くの企業が問題解決に向けて取り組んでいる。

食品加工会社の Hampton Creek はこれまでに2億2,000万米ドルという巨額の資金を調達しているが、同社は店舗で販売される最初の食肉となることを目指し、ラボでオリジナルの肉を開発していることを最近になって明らかにした。しかし、今年 Memphis Meats が、ラボで作られた鶏肉の世界初の「概念実証」を成功させている。この肉は当時「世界初のクリーンな鶏肉」との触れ込みで発表された。

Memphis Meats の共同設立者で CEO を務める Uma Valeti 氏は次のように語る。

私たちは食卓に肉を届けるにあたり、これまでより持続可能で、手頃な価格、かつ美味しい方法を実践します。肉は世界中で愛されていて、多くの文化や伝統の中核を成しています。また、肉の需要は世界中で急速に伸びています。私たちは世界中の人々が好きなものを食べ続けられるよう願っています。しかし、既存のタイプの肉の生産方法は、環境、動物の福祉、および人間の健康という観点から、大きな問題を引き起こしています。誰もがこの課題の解決を望んでいますが、これらの卓越したパートナー企業同士が一つ屋根の下に集結することで、問題に対応することができます。

実際の問題解決のためには、実行可能でスケーラブルなソリューションを生み出すベンチャーが利益を得られるようにすることが、有効な一つの仕組みになると考えられる。具体的には、グリーンエネルギー企業や、もちろん Memphis Meats のようなラボ生まれの食肉会社が当てはまる。同社は完全に利他的な指向ではないとしているが、食肉の「1兆米ドル近い世界市場」でシェアを追いたいとの意思を表明している。

DFJ のパートナー Steve Jurvetson 氏はこう述べる。

今回の投資は、投資機会と世界へ好影響を与えるチャンスの両方が一気に高まる重要な節目と言えます。投資家らが長年この分野を注視する中、Memphis Meats は明らかなリーダーとして頭角を現しました。

Memphis Meats は今回の1,700万米ドルで「美味しい製品の開発を続ける」としている。他にも「クリーンな肉」の生産拡大にフォーカスし、生産コストを従来の肉と同程度に抑えるよう取り組む計画だ。また、従業員を4倍の規模に拡大する予定であるという。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------