メリービズ、経理業務全てを請け負う「バーチャル経理アシスタント」をローンチ——従来から提供の記帳代行サービスを「ロボット経理」に改称

by THE BRIDGE編集部 THE BRIDGE編集部 on 2017.9.14

会計・経理のアウトソーシングサービス「メリービズ」は14日、経理業務全てを請け負うことができるサービス「バーチャル経理アシスタント」を開発し、同日ローンチしたことを明らかにした。このサービスでは、支払データ作成、売上集計、経費精算、入金消込、月次試算表作成、店舗ごとの収支表作成、証憑スキャン・管理など、軽量業務すべの業務をアウトソース可能。カウンセリングの上、1ヶ月間のトライアル期間を経ての本契約となる。最短契約期間は1年間。

提携税理士との契約により一気通貫での税務処理、提携社会保険労務士との契約により一気通貫での給与計算のアウトソースも可能になる。バーチャル経理アシスタントの開始とあわせ、同社は創業当初から提供してきた記帳代行サービスを「ロボット経理」に改称した。

メリービズでは、同社の顧客400社以上の経理業務を調査した結果、1. 経理担当が定着しない、2. 担当者の経理スキルにバラつきが大きい、3. 経理業務の繁忙期・閑散期が大きく、適正な体制を用意するのが難しい、という共通の問題があることが判明。経理業務の部分的な機能だけではなく、包括的なアウトソースを請け負うニーズがあるとの判断から、バーチャル経理アシスタントの開発に至ったとしている。

メリービズは2011年の創業(創業当時の名前はリブ)。2014年5月に三井住友海上キャピタルから約5,500万円、2015年9月にオプトベンチャーズから調達額非開示の資金調達を実施している。メリービズ代表取締役の工藤博樹氏は、日本のフィンテック・スタートアップなど278会員(2017年3月末日現在)が加盟する FinTech 協会の代表理事を務めている。

via MerryBiz

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------