協働型コミュニケーションツール開発のOneteamが3.8億円を調達——Fringe81とは、SaaS事業における販売・商品開発で資本業務提携

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2017.9.25

<9月25日14時30分更新> 2017年9月現在、Oneteam では「Profile Book」単体での販売を予定していないため該当箇所を削除

協働型コミュニケーションツール「Oneteamや社員プロフィール管理ツール「Profile Book」などを開発する Oneteam は25日、直近のラウンドで3.8億円を調達したことを発表した。このラウンドに参加したのは、大和企業投資、ニッセイ・キャピタル、FFG ベンチャービジネスパートナーズ、いわぎん事業創造キャピタル、Fringe81(東証:6550)の5社。調達ラウンドやリードインベスターについては不明。

調達した資金について、同社は事業拡大と Oneteam の進化の目的として、セールスや開発体制の強化とマーケティング活動強化に充てるとしている。Oneteam は先週、SmartHR の CTO だった佐藤大資氏が入社し、CAMPFIRE 執行役員 CTO の長瀬敦史氏が同社アドバイザリーに就任したことを明らかにしていた

Oneteam にとって今回の調達は、2016年1月に実施したニッセイ・キャピタルからの2億円の調達(シリーズ A ラウンド)、2015年5月に実施したサイバーエージェント・ベンチャーズからの6,000万円の調達(シードラウンド)に続くものだ。また、Fringe81 とは資本業務提携を締結し、両社の SaaS 事業における販売・商品開発で協業するとしている。

Oneteam は2015年2月の創業。離れて働く人々のための協働環境を支援するコミュニケーションツール Oneteam は2016年6月のサービス有料化開始以降、有料利用ユーザ数は約10倍(2016年6月実績比)に拡大しているという。同社は2016年6月のサービス有料化開始時点で、Oneteam が東南アジア諸国を中心に2,500社以上の企業・団体で利用されていることを明らかにしており(無料利用ユーザを含む)、2016年中に10万人の利用を目指すとしていた。

 THE BRIDGE では25日、Oneteam CEO 佐々木陽氏へのインタビューを予定しており、追って本稿をアップデイト予定。

<関連記事>

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------