チューブで食事をする人のために”本当の食事”を提供する「Real Food Blends」

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.9.17

もともと、クラウドファンディング「Indiegogo」のプロジェクトとして始まった食品が、「Real Food Blends」だ。プロジェクトは、目標調達額を157%で達成した。

食品といってもスーパーなどで購入できる大衆向けではなく、北米で100万人いると言われるチューブを通して食事をする人に向けて開発されている。

北米のチューブ食市場は、年間30億ドル市場。従来の商品は、主にコーンシロップ・水・ビタミンから出てきており、食材や味のバリエーションもなければ、栄養価も低かった。

Real Food Blendsには、4種類の商品がある。どれも脂肪分の少ないタンパク質や野菜、果物を含む7つの食材からできている。例を挙げると、オレンジチキン・人参・キノア・ケール・穀物などが使われている。

もちろん、これらの食材をブレンドすることで、チューブで食せる形状になっている。一袋約227グラムで350キロカロリーと従来のフォーミュラより多い。

12パックが入って44.96ドル(一食3.75ドル)で売られている。商品リリース当初は限られていたが、今では北米の主要の保険適用範囲内だという。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------