紙のクーポンをスキャンしてまとめて持ち歩けるアプリ「SnipSnap」

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2017.9.8

さまざまなものがデジタル化された今でも、ほぼ毎日のように紙で届くものにクーポンがある。近隣のスーパーのお買い得セールから、祝日セールの告知までが紙で届く。

でも、紙のクーポンをわざわざ切り取ってお店に持って行くのは手間だし、忘れてしまうこともある。「SnipSnap」は、クーポンを電子化して持ち歩けるアプリだ。

アプリを立ち上げたら、紙のクーポンをスキャンして読み取ることですべてのクーポンを集約して持ち歩くことができる。ユーザがスキャンしたクーポンはデータベース化されるため、他のユーザーがスキャンしたクーポンを閲覧し、活用することができる。

SnipSnapの運用側にとっては、クーポンの情報をお店から収集しなくても、ユーザが手元のクーポンをスキャンすることでそれが自動的に集まる。クーポンなら何でもというわけではなく、ユーザが実際に使いたいと思うクーポンを中心としたデータベースが出来上がっている。

SnipSnapは、2015年1月にビジュアルサーチの「Slyce」によって650万ドルで買収されているが、今でも独立したアプリとして運用され続けている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------