会社員でもゼロイチの経験はできるーー隠れたキーマンを調べるお・ウエディングパーク大竹氏

by OshibaTakanori OshibaTakanori on 2017.9.16

編集部注:「隠れたキーマンを調べるお」は、国内スタートアップ界隈を影で支える「知る人ぞ知る」人物をインタビューする不定期連載。毎回おひとりずつ、East Venturesフェローの大柴貴紀氏がみつけた「影の立役者」の素顔に迫ります。

インターネット広告からメディア、ゲームと様々な事業を生み出してきたサイバーエージェント。数多くの子会社を持つ同社の中で最も老舗の部類に入るのが、式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト「ウエディングパーク」です。

そのウエディングパークでアドテクノロジーを活用した広告商品を開発し、ウエディング業界に初めてアドテクノロジーを持ち込み、デジタルの活用をすすめるWed Tech推進室室長の大竹淳介氏にお話を伺ってきました。

大柴:今日はよろしくお願いします。サイバーエージェントグループの取材をしたかったので楽しみです。それにしてもめちゃくちゃガタイ良いですね(笑)。

大竹:だいたい初対面の人にはまずその話題を振られますね(笑)。

大柴:そうですよね、無視して通れないですよ(笑)。どうやってそんなに鍛えるのか?を聞いていっても良いんですが、時間も無いですし、その話はまた別の機会に(笑)。

大竹:はい(笑)。

大柴:大竹さんは大学卒業後に新卒でサイバーエージェント本体に入社されたんですか?

大竹:はい、そうです。2007年の新卒入社です。

大柴:インターネット業界に進みたかったのですか?

大竹:いや、そういうわけではなく、サイバーエージェントに入りたかったんです。当時、藤田社長(サイバーエージェント代表取締役の藤田晋氏)の活躍を見て若いうちから社長をやっていてカッコイイなって。20代のうちから実力を発揮でき、大きな仕事を任せてもらえるような会社なのではないかと感じたことが決め手でしたね。

大柴:なるほど。「社長」に興味があったんですかね。それじゃ起業など興味あったんですか?

大竹:そうですね。藤田社長も26歳で上場を経験していましたし、当時は「自分でもいけるんじゃないか」なんて簡単に思っていました(笑)。5年くらい働けばある程度実力もついているだろうし、その時は起業するかー、みたいな軽い気持ちで考えていました。

大柴:なるほどなるほど。そんな感じで入社されたわけですか。

大竹:はい。インターネット広告代理店部門に配属され、アカウントプランナーとして広告効果の最大化に向けて仕事をしていました。

大柴:新卒で入社されて、実際の会社ってどうでした?

大竹:「社会ってなかなか厳しいな」と(笑)。

大柴:(笑)

大竹:そんな厳しい中でなんとか頑張り、徐々に実力もついてきたという実感もあり、マネージャーや子会社の営業本部長なども任せてもらえるようになりました。さまざまな業種のクライアントともお取り引きさせてもらっていて、充実はしていました。


大柴:そんな中、2013年にサイバーエージェントグループのウエディングパークに「入社」されるわけですが、きっかけは何だったのですか?

大竹:29歳だったんですよ。これからの30代のことを考えたんですよね。論語の「三十にして立つ」じゃないですけど、インターネット広告についての知識やスキルはついてきた中で、これから自分がやるべきこと、やりたいことは何かを考えたんです。その中でウエディングパークと出会いました。ちょうどその頃に結婚をしまして「結婚っていいな」と実感してたのも大きいですね。

大柴:なるほど。

大竹:結婚って基本的に関わる人がみんな幸せですし、何より自分自身が本気で「いい」と思う領域に貢献することが自分がやるべきことなんじゃないかと思い、ウエディングパークに入りました。ウエディング業界は「おもてなし」の現場であり、実際の接客や結婚式を行うことがメインです。その特性もあり、デジタルの活用がまだまだ遅れていることを入社して目の当たりにしました。そこで、自分がこれまで経験したインターネット広告の知見をウエディング業界に持ち込んで、活性化させたいなって考えるようになりました。

大柴:なるほど。

大竹:入社一週間後に広告の新商品の企画提案をする合宿に参加して「ウエディング業界に適したアドテクノロジーを活用した広告商品」案を合宿で発表したんです。わりと自信もあったんですが、結果は最下位(笑)。

大柴:自信満々だったのに。

大竹:そうなんですよ。いきなり壁にぶちあたった感じです。でもその時に担当役員の作間から「大竹くんが良いと思ってるなら、諦めず提案し続ければいいよ」と言われたんです。そこから性懲りも無く毎四半期ごとの合宿で提案し続けたんです。そして1年後についにGOサインが出ました。

大柴:ついに!

大竹:はい。そこから各種契約や開発などあって半年後に正式リリースしました。ウエディングパークに移ってから1年半の2014年です。

大柴:その商品は好調だという話ですが。

大竹:おかげさまで好調で、会社の新たな収益の柱になりつつあります。

大柴:それはすごいですね。でもウエディング業界の方々にインターネット広告の商品などを説明するのって大変そうなのですが。

大竹:そうですね。今も継続して行っていますが、地道にクライアント向けの勉強会をやったり、全国に飛び回って説明したりしました。その結果クライアントの意識も徐々に変わっていきました。実際に広告効果を実感しだして、クライアントも「デジタルの活用って大事だな」っていう意識に変わっていったんです。

大柴:なるほど。

大竹:あと、何より社内の空気が変わったのが大きかったなと感じでいます。クライアントが効果を実感して、商品の価値が認められてきて、アドテクを活用したこの商品が会社に馴染んできて広告の売上が上がってきたときに、明らかに会社の空気が変わったんです。「これはイケるぞ!」って(笑)

大柴:ウエディングパークの社長の日紫喜(誠吾)さんはどんな方なんですか?

大竹:仙人のような方ですね(笑)。

大柴:仙人?

大竹:すごくまじめで誠実。ブレない信念がしっかりあって、経営者としての「道」みたいなのがあるんです。

大柴:なるほど。

大竹:日紫喜は2000年にサイバーエージェントにキーエンスから転職してきて、インターネット広告事業の営業局長としてバリバリやられていました。その後ウエディングパークの社長になられた方なので、自分がウエディングパークにきて最初に広告商品を提案した時も日紫喜は商品のことをよく理解していたと思うんです。でも安易にGOサインを出さなかった。

大柴:ほう。

大竹:会議で最下位を取ってしまったけど、僕自身は商品に自信もあった。だけどダメだと言われ、でもへこたれずにブラッシュアップを続けて、クライアントへのヒアリングなども続けた結果GOサインが出た。この粘り強く向き合った1年があったからこそ自分に覚悟が生まれました。日紫喜は最初の会議の時に僕の覚悟が足りないと感じたんだと思います。その覚悟が出るまでじっと静かに待っていたんじゃないかなと思うんですよね。

大柴:なるほど。

大竹:ウエディングパークは過去、業績が厳しく苦しい時期があったそうなんです。その時期を乗り越えた際に、苦しいときに一緒に頑張れる強い組織をつくるには、一体感と覚悟が必要だと感じ、そこで「ビジョン」と「経営理念」を制定したそうです。その「結婚を、もっと幸せにしよう」という経営理念をとても大切にしていて「道」から外れているようなことは指摘されます。厳かな雰囲気があるんですよね。そんなところを尊敬しています。

大柴:なるほどなるほど。では最後に大竹さんの今後についてお聞きできればと。起業の野望は?

大竹:今は無いですね(笑)。大人になって、起業自体は目的ではなく、一つの手段だと感じていますし、そんな簡単なものじゃないないとも思うので(笑)。ゼロからイチを産み出すのが起業家だとするならば、ウエディングパークでの新商品はゼロから作って、ひとつの事業にすることができました。起業することとは違うと思いますが、会社員でもゼロイチの経験はできると思います。ただ、経営者になりたいという気持ちはあります。ブライダルの周辺領域でやっていきたいとは思っていますので、その領域で21世紀を代表する経営者人材になりたいですね。

大柴:いろいろお話を伺うことができました。今日はありがとうございました!

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------