ICOプラットフォーム「COMSA」のテックビューロ16億円調達、登録は12万人に【報道】

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2017.9.7

スクリーンショット 2017-09-07 6.20.27.png

ブロックチェーン技術関連事業を手掛けるテックビューロは9月7日、インフォテリアおよびジャフコから16億円の資金調達を実施した。報じている日経によると、調達した資金で仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」のインフラ、サービス強化を進めるほか、同社のプライベート・ブロックチェーン技術「mijin」を始めとする関連製品の欧州、アジア展開を進める

テックビューロは現在、ICO(イニシャル・コイン・オファリング、新規仮想通貨公開)を支援する総合プラットフォーム「COMSA」のトークンセールも10月2日に控えており、記事によると現在の事前登録数は12万人に上るなど注目度は高い。

なお、ややこしいので補足するがCOMSAはそれ自体が実施するトークンセールでサービス整備を目的とした資金調達を実施する。今回発表された16億円の資金調達は運営母体のテックビューロのものであり、その調達資金使途は分けられていると考えられる。

COMSAには金融情報サービス運営のフィスコ、日本テクノロジーベンチャーパートナーズ、ABBALabがCOMSAの独自コイン「CMS」や関連プロジェクトであるNEMの「XEM」に対して投資(仮想通貨の購入)を表明している。また、昨日には個人投資家で元コロプラの千葉功太郎氏がプレセールに参加、100万米ドル相当のビットコインを投資したことも発表された。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------