中国コワーキングスペースのユニコーンURWork(優客工場)、インドネシアの同業ReWorkに出資——アジアで勢力を拡げるWeWorkに対抗

by Tech in Asia Tech in Asia on 2017.9.14

rework-750x444
Photo credit: Rework.

インドネシアのコワーキングスペース企業 Rework が、ジャカルタ、スラバヤ、バリへの進出に向けて300万米ドル超のプレシリーズ A ラウンドを発表した。本ラウンドは中国の ATM Capital とインドネシアを本拠とする Convergence Ventures が共同でリードし、中国が誇るコワーキングのユニコーン UrWork(優客工場)も参加した。

UrWork は中国最大のコワーキングスペースプロバイダーで、先月(8月)のプレシリーズ C ラウンド以来、企業価値は15億米ドルと評価されている。7月に初めて中国国外に進出し、シンガポールの科学技術拠点であるワンノース地区にワークスペースを開設した

UrWork は今や中国、シンガポール、アメリカ、そしてイギリスにまたがり100ヶ所で運営しており、さらなる海外成長も進行中と言われている。同社は Rework とのパートナーシップにより、2018年中にインドネシアで35拠点に拡大が可能となる見込みだ。

インドネシアのスタートアップ各社は昨今、中国企業から相次ぐ資金提供を受けている。UrWork による Rework への投資は、より広範な競合関係にあるアメリカのワークスペースユニコーンである WeWork への対抗として捉えられる。WeWork はソフトバンクと Hony Capital から5億米ドルの資金を確保し、7月に中国市場に参入した。

ほどなくして、WeWork はシンガポールを本拠とする競合 Spacemob を買収し、東南アジアと韓国における拡大計画の実行に向けて5億米ドルの投資をコミットしていると発表した。

共有ワークスペースからは典型的には早期段階にあるスタートアップを連想するが、不動産業の Colliers International の調査によると、規模の大きい企業による利用も増えてきているとのことで、UrWork や WeWork のようなオペレーターに好機が訪れていることを示している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------